【サルでもわかる】ビットコイン??ブロックチェーン??割とわかりやすく説明してみたよ。

ビットコインはお財布の中に入ると思っているみなさん!こんにちは!

はい。そうです。ビットコインは近所の八百屋で使えるような便利なものではありません。

 

 

 

は?不便やんけ。

それならなんでみんなビットコインに熱くなってるんや?

 

 

 

安心してください。今から、アウストラロピテクスでも分かるように「ビットコインとはなんぞや」をかんた~んに説明しますね!

 

ビットコインは仮想通貨のひとつ。

仮想通貨はいろんな名前と種類があります。もうその数は、数千とも…。

皆さんが知っている通貨で例えて言うなら、Bitcoin(ビットコイン)はアメリカドル、Ethereum(イーサリアム)は日本円、といったように発行元(国・機関)の違うお金、と表現できますね。

 

使える場所も違えば用途も違う、そして価値もそれぞれ違うのです。

 

 

ほおおおん。

で、どうやったらワイの銀行口座にBitcoinが入るんや??

 

 

 

 

 

 

A.入りません。

 

仮想通貨は「存在しない」?

仮想通貨というのは、名前の通り「仮想」の「通貨」です。

ジャパンネット銀行にも入りませんし、Tポイントカードにも入りません。

 

 

 

じゃあどこにBitcoinがあるんや??

俺の脳内に刻まれているんか??

妄想か??妄想で持っててええんか??

 

 

 

 

A.インターネット上に「ブロックチェーン」という技術を用い、誰もハッキング出来ないよう安全に保管されています。

 

ビットコインを支えるブロックチェーン技術とは?

 

ブロックチェーンとは、一言で説明すると「分散されたデータベース」です。

 

みんなで情報を持ち合っているので、不正する人がいたらみんなでチクリあえば悪い人をすぐに発見できるね。ってことです。

 

では、ブロックチェーンは今までのセキュリティ技術とは何が違うのでしょうか?

ちょっと図で解説。

銀行のお金の管理システムで例えましょう。

 

お金の引き出し、入金や顧客のデータなどを全て銀行のシステム単一で管理している状態です。

銀行員が一人不正するだけでデータが改ざんされてしまいますね。

 

 

ですが、ブロックチェーンの場合はみんなのパソコンでお互いに監視しようというシステムです。

 

このように、中央でお金やデータの管理する人がいなくなり、個人一人一人が改ざん不可能なすべてのデータを持つようになります。

それによって、銀行に間に入ってもらわずに直接価値を移動することが可能になるのです。

そして、「誰がどのくらいビットコインを保有しているか」という「情報」だけが存在するのですね。

 

 

では技術的な話に入ります。

あんまり興味ないよ~って人は赤い文字のところまで飛んでください。ひゅーん。

ブロックチェーン技術の仕組みや特徴

 

 

以下より、ブロックチェーンの仕組みや特徴を順番に解説していきます。

取引の「ブロック」を「チェーン」で繋ぐ仕組み

 

ブロックチェーンは「分散型台帳」とも呼ばれており、個人一人一人が台帳を自分で管理しています。

一般的な銀行では「台帳」は、誰でも見られるわけではないですが、ブロックチェーンの台帳は誰でも見ることができるようになっているのです。

 

そして、もっとわかりやすく言うと、取引データという「ブロック」を「チェーン」でつなぎ合わせるのがブロックチェーンのイメージです。

 

なので、取引データの塊のことを「ブロック」と呼び、それらを繋ぎ合わせるものを「チェーン」と呼んでいるのですね。

 

上の図のように、このようなブロック(取引のデータ)をみんなでつなぎ合わせて記録します。

みんなの取引データ(ブロック)を繋いで(チェーン)しっかりと記録に残すことによって、データを管理する人がいなくてもみんなで安心に取引ができるようになるのです。

ブロックチェーンは一箇所が攻撃されても動き続ける

 

ブロックチェーン技術では、取引のデータをみんなで共有しているので、どこか一箇所のサーバーが攻撃されても動き続けます。

 

 

上の図のように、一箇所がハッキングによる攻撃を受けた場合、既存のデータベースだと利用するユーザーのデータも全て使えなくなってしまいます。

 

ですが下の図のように、ブロックチェーン技術の場合だと一箇所が攻撃されたところで問題ありません。コンピューター一つ一つが全ての取引データを相互で補完しあいます。

 

これが「分散型」のブロックチェーンの特徴の一つです。

ブロックチェーンによってコストが劇的に安くなる

 

このブロックチェーン技術によって、コストの削減も期待されています。

 

銀行の送金手数料やATMの引き出し手数料がなぜ高いのかというと、銀行は顧客の情報を管理する大切なデータサーバーに莫大なお金をかけており、そこでデータを管理したり仕事をしている銀行員にも高い給料を払っているからです。

 

なので、銀行は一つのシステムを維持する為に手数料を国民から徴収しなければならないのです。

 

しかし、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨の場合、一つのデータシステムにお金をかける必要がなくなり、それを管理する銀行員もいなくなります。

なので、比較的安いコストでのお金のやり取りが実現できるようになるのです。

 

このように、ブロックチェーン技術によってコストが削減されるのも特徴の一つです。

 

 

いかがでしたか??そう。眠くなったあなたは正常な人間です。

安心してください。

 

 

 

 

例えて言うならお店の金庫を

24時間セ○ムとALS○K+吉○沙保里が

守ってくれているような

安心できるシステムでBitcoinを管理している。

不正防止システムの名前がブロックチェーン。

 

 

 

 

 

では、みんなで監視しあうと言っても具体的にはどんな風に安全を確保しているの??

 

 

はい、こちらも眠くなる人はまとめまで飛ばして下さーい。

 

ブロックチェーン上で取引を証明する「マイニング」という仕組み

 

 

みんなで台帳を管理するブロックチェーンでは、誰かが取引に対する承認を行わなければなりません。

銀行でも同じですが、台帳にしっかりと取引記録を残さなければ、虚偽の記録や改ざんで取引を無かったことにできてしまいますよね。

 

そのように、みんなの取引に対して誰かが正しい記録を残していかないといけないのですが、ブロックチェーン上で取引を承認してそれが正しいことと証明する作業のことを「マイニング(採掘)」といいます。

このマイニングによって、ブロックチェーンの上で動くビットコインは今日も安全が担保されているのです。

 

ですが、このマイニング作業もみんなボランティアでやっているわけではありません。

このマイニングによって取引を証明すると、その人には報酬が貰えるのです。

 

報酬!?なにがもらえるの??

ココでもらえる報酬こそが、ビットコインそのものなのです。

通貨は国が刷ることで発行されますが、仮想通貨の多くは「マイニング」の報酬として新たに発行される、と言う仕組みなのです。

 

マイニングでブロックチェーンは安全に動く

 

さて、ブロックチェーン上で取引が正しいと証明した人には報酬が与えられるのですが、マイニングはどのように行うのでしょうか?

 

ビットコインのマイニングでは、複雑な計算式を解きます。

この計算を解くことで取引が承認されるのですが、この作業を一番早く行ったマイナー(マイニングをする人の事をマイナーと言う)が報酬を受け取る事ができるのです。

 

なお、マイニングをする為には専用のコンピューターが必要です。

最近では、中国のマイニング専門の企業が主にビットコインのマイニングをしており、一般の人が参入できない程高い電気代とコンピューターのパワーが必要になっています。

 

このようなマイニングという仕組みによって、ブロックチェーンは管理する人がいなくても動くようになり、それでビットコインは今も安全なシステムとして稼働し続けているのです。

 

 

 

まとめ:ブロックチェーンの将来性

 

このようなブロックチェーン技術によって、ビットコインを始めとした仮想通貨は、もう誰にも止められないような仕組みになり始めています。

 

冒頭で述べたようにサーバーが複数に分散されているので、コンピューターが全部無くならない限りはブロックチェーンが破綻することはありません

 

もし、ビットコインを潰そうと思ったら、ビットコインのネットワークに繋がっているユーザーのコンピューターを全て同時に攻撃しなければなりません。

 

映画の世界じゃないと、ちょっと現実的じゃあないですね。

 

私達が今使っているインターネットが無くならないのと同様に、ブロックチェーンも無くなることはありません。

 

今ではそんなブロックチェーン技術を取り入れようとたくさんの企業が実用化に向けて実証実験をしています。

ブロックチェーン技術は、まだまだこれからです。

 

仮想通貨で全財産がぁ~!芸人が一躍有名になりましたが、投機としての仮想通貨ではなく、技術を学び次代に備える、というのは必要でしょう。

これからも仮想通貨について、お届けしていきます!

 

WRITER BELLAGIO Plus編集部

編集部員

BELLAGIO PLUS編集部の中の人達。何人いるか分かりませんが、みんな一生懸命書いています。