CSR活動CSR活動

プルタブエコキャップ回収活動

ペットボトルキャップは、ゴミとして焼却されると400個あたり、CO2が3150g発生します。これを分別し回収。再資源化業者に売却し、さらに売却益で世界中の子どもにポリオワクチンを贈る運動に参画しています。800個のキャップで1本のワクチンを贈ることができます。
また、缶飲料のプルタブを回収して、金属買収業者にアルミを売却。売却益を福祉施設に寄付する運動に参画しています。
「捨てればゴミ、分別すれば資源」。店内に回収BOXを設置しておりますので、ご協力をお願い致します。

節電活動

  • 無駄な電飾の排除

    パチンコホールの内外装や看板はアピールの為に、カラフルな電飾が施されている事が少なくありません。しかし、ベラジオの店舗デザインでは初期・維持にかかるコスト面での判断だけではなく、地域の方への「光害」防止や、電力消費を抑える事による環境への配慮から外装・内装に電飾物を取り付けることを極力抑制しています。 また、営業外の節電活動としてパチンコ島の電源やホール内の電源に関しても必要最小限となるように全店を挙げて取り組んでおります。

  • LED 照明の導入推進

    省電力推進の為、店舗のメンテナンス・改装工事時に店舗内外装の照明をLED照明に切替えています。

  • クールビズの推進

    弊社では電力供給量が増大する夏の期間7月から9月の3ヶ月間をクールビズ期間としています。

  • その他の主な取組内容

    • ・省エネ法に対してエネルギー管理統括者、エネルギー管理企画推進者選任。
    • ・省エネ法に関して知識を深める為にセミナーへ参加。
    • ・電気使用量検証の為、各営業所に管理担当者を選任し隔月で管理担当者会議を実施し共有を図る。
    • ・毎月各営業所電気使用量を可視化することにより数値共有。
    • ・デマンド管理システム設置及び講習会の実施。
    年度 2012 2013 2014 2015
    対前年度比(%) ▲9.3 ▲3.1 ▲6.3 ▲1.5

店舗近隣の清掃活動

私たちベラジオグループは身近な社会貢献として、店舗近隣地域の清掃活動を行っております。
清掃活動を行う為の呼びかけは会社主導のトップダウンでは無く全て店舗で働く社員自らの発信により行われ、各店舗の賛同者が集まり開催されます。
また清掃当日は単純な清掃活動だけでなく、地域の方々とのコミュニケーションを行う場として多数様のご協力や感謝を頂く事も多く、従業員達にとっては喜ばしい言葉を多く頂いております。

献血活動

社会貢献活動の一環として日本赤十字社の献血バスを招き献血活動を行っています。
大阪府内では、毎日1,100人以上の方のご協力が必要です。主にガンや白血病のような定期的な輸血が必要な方への提供を83.7%占めています。輸血用血液製剤には有効期限があり、その中でも赤血球は採血後21日間となり、日々血液が足らない状況です。
べラジオの社員を始め、近隣にお住まいの方々にもご協力頂きながら今後も活動を継続して参ります。