〇〇ハラスメントってこんなにあるの?気をつけたい職場でのハラスメント

セクハラやパワハラなど、世の中にあふれる様々なハラスメント。時代の流れとともに、ハラスメントの種類も増えてきました。あなたが普段何気なく行っている行動や言動が、実はハラスメントだった・・・なんてこともあるかもしれませんよ?

学校や病院などで起こるハラスメントもありますが、今回は主に職場や仕事を行う上で起こるハラスメントにスポットライトを当ててご紹介していきます。どのくらい知っているかチェックしてみてくださいね!

そもそもハラスメントとは?

ハラスメントの定義

ハラスメントという言葉は世の中に浸透して長い時間が経ちますが、そもそも「ハラスメント」の定義はどうなっているのでしょうか?

ハラスメントは「Harassment」とつづります。簡単に説明すると、日常的に起こりうるいろいろな場面での「嫌がらせ」や「いじめ」を指します。行動や言動を行った本人に嫌がらせをするつもりがなくても、相手が不快になったり、不利益を被ったりすれば、それはハラスメントになるのです。

ハラスメントの起源

ハラスメントで一番耳馴染があるのが「セクハラ」つまり「セクシャル・ハラスメント」ではないでしょうか?この言葉はアメリカで1970年代にフェミニストによって作られた造語で、日本で使われるようになったのは1980年代になってからと言われています。

1989年に、上司から性的な嫌がらせを受けていた女性が裁判を起こしてから「セクハラ」という言葉が日本でも多く使われるようになりました。

こんなにあるハラスメント!

それではビジネスシーンで起こりうるハラスメントをご紹介しましょう。なかには「これもハラスメントなの?無理やりすぎる!」と思うようなもの、「これやっちゃってるかも・・・気をつけよう」というような軽いものまであると思います。

セクシャル・ハラスメント(セクハラ)

性的な嫌がらせ全般をセクハラといいます。ハラスメントのなかでは最も古くから存在し、最も有名なハラスメントとも言えるでしょう。

女性が男性から受ける性的ないやがらせ行為・・・と思われている節がありますが、セクハラは男性が女性から受ける場合や同性同士でも起こる場合があります。

セクハラは大きく「対価型」と「環境型」に分けられます。
「対価型」とは例えば上司が部下の女性と関係を持つことで昇進を約束する・・・という内容です。
「環境型」は、仕事をする上で不必要なボディタッチや発言を行うことです。

部下のことを「○○ちゃん」と親しみを込めて呼んだだけでも、相手が不快に感じればセクハラになってしまうので気をつけましょう。

パワー・ハラスメント(パワハラ)

同じ職場で働いている上司などの職務上の地位が高い人から精神的苦痛・肉体的苦痛を与えられること。あるいは職場環境を悪化させる行為を総称してパワハラといいます。

立場の強いものが弱い者に対して行うという点がポイントです。この場合の「立場の強いもの」には上司はもちろんですが、専門知識がある人や経験年数が多い人なども含まれます。

業務の適正な範囲内で行われる指示や指導はパワハラには該当しませんが、どこまでが業務の適正な範囲かを明確にするのは難しいとされています。

モラル・ハラスメント(モラハラ)

モラルの範疇を超えた発言や行動で働いている人に精神的苦痛・肉体的苦痛を与えること。暴言や暴力などで追い込んで、周囲にはありもしないウソの情報を流す悪質な行為を行い傷つけます。

ジェンダー・ハラスメント

セクハラに通じる面もありますが、性的な差別や嫌がらせを指します。「女だから○○できない」「男だから○○して当然」というような性に対する固定観念で能力を決めつけてしまうことを指します。

終われハラスメント(オワハラ)

近年耳にすることが多くなったオワハラ。これは就活生に対して企業が「内定を出すから他の企業はもう受けないように」と就職活動を終わるように圧力をかける行為を意味します。優秀な人材を確保したい一心で行われる行為なのですが、就活生の選択肢を奪う行為でもあります。

リストラ・ハラスメント

リストラ候補に挙げられている社員に対して行われる行為。仕事量や出社日数などを減らして窓際族へ追い込み、最終的に自主退社へ追い込むハラスメントです。リストラハラスメントは退職強要行為とみなされて損害賠償請求の対象になることもあります。

時間短縮ハラスメント(ジタハラ)

残業代を払いたくないがために、時間内で無理な仕事の量を押し付けたり、時間を短縮したりして早く帰らせること。

テクノロジー・ハラスメント(テクハラ)

テクニカル・ハラスメントと呼ばれることもあります。俗にいう「機械オンチ」の人に対して行われる行為。
知識がない人や未経験者に対して、技術的な内容を押し付けたり、できないことを罵倒したりする行為です。

「今時パソコンも使えないの?」などというセリフもテクハラになります。ハイテク時代が生んだハラスメントと言えるでしょう。

アルコール・ハラスメント(アルハラ)

飲み会の席で一気飲みを強要する行為。お酒が飲めないような人に対して飲酒を強要する行為も該当します。また、飲み会の席での酔った勢いでの不快な発言や行動も含まれます。

カラオケ・ハラスメント(カラハラ)

飲み会の席や二次会などでカラオケに行った際に、歌うことを強要する行為。上司が部下に対し「君、この曲歌いなさい」などと強要するとカラハラだけでなくパワハラも並行して行っていることになります。

スモーク・ハラスメント

現在は分煙化が進んでいますが、同じ環境で強制的にタバコの副流煙を吸わされる状況になることを意味します。職場だけでなく、家庭でも起こります。

ブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)

血液型が何型かによって受ける差別的行為を指します。「あなたはO型だから仕事が大雑把なのね」などという発言がこれに該当します。

血液型のイメージ(A型は几帳面で細かい、O型はおおらかだけど大雑把、B型は自己中、AB型は変わり者・・・など)で、物事をいろいろ言われること。

エイジ・ハラスメント(エイハラ)

年齢や世代を差別する行為です。新入社員に対して「これだから最近の若い者は・・・」とか「ゆとり世代はこんなことも知らないのか」などという発言がエイハラに該当します。

エイジシルバー・ハラスメント

エイジ・ハラスメントの派生で生まれたものです。60代以上の高齢者を年寄扱いするなどの、60代未満の人から受ける嫌がらせなどの行為。職場でもありますが、家族間で介護疲れから発生することもあります。

「もう若くないんだから○○しなくていいよ」「年寄りが口を挟む問題じゃない」などの発言もエイジシルバー・ハラスメントに含まれます。

スメル・ハラスメント

スメル=匂いや香りを意味します。香水や柔軟剤の臭い、汗の臭い、体臭・・・など匂いの強いもので周囲を不快にさせるような行為のことを指します。

自分は良い香りと思って使っている柔軟剤でも、不快に思ってしまう人もいることを覚えておきましょう。香りの好みは人それぞれなので、気をつけたいハラスメントです。

マタニティ・ハラスメント(マタハラ)

妊娠をしている女性に対して、女性の意思を無視して業務を変更させたり仕事を休むように強要したりする行為。その逆で、つわりが重いのに関わらず長時間労働をさせたり肉体労働をさせたりする行為も該当します。

また産休中にしわ寄せがいく同僚からのいじめなどもこれに当たります。さらに日本で多いのが「子供ができたらやめさせる」というパターンです。そのため過去に誰も産休や育休を取っていないという企業もいまだに存在しています。

2人目ハラスメント(フタハラ)

フタハラはマタハラの延長と考えましょう。1人目の出産を終えて職場復帰した女性に「2人目はいつ作るの?」「2人目は男の子がいいわね」などという発言をすることがこれに該当します。

妊活ハラスメント

既婚女性に対して「子供はまだなの?」「年齢のことを考えて妊活始めた方がいいんじゃない?」など余計なお世話と思う様な事を聞く行為です。子供を作らない人や、欲しくても授からない人もいるので、そっとしておいてほしい内容です。

パーソナル・ハラスメント

プライベートな内容である個人の外見や性格、趣味や所持品などに対して非難したり悪口を言ったりすること。子供のころに起こりうる「いじめ」に通じる部分があります。

ソーシャルメディア・ハラスメント

twitterやLINE、facebookなどのSNSを利用する際に、友達申請やフォローを強要したり、投稿に対して「いいね!」やシェアを強要したりする行為のことを指します。上司とつながってしまうとプライベートなことも知られてしまうので、公開範囲を限定するなどの対策が必要かもしれません。

レイシャル・ハラスメント

外国人雇用者の割合も昔に比べて増えてきました。レイシャル・ハラスメントは人種差別を意味します。起こったミスや考え方を人種のせいにしたり、特定のルーツに結び付けて差別することです。職場でも起こりますが、どんな場所でも起こりうるハラスメントです。

その行為、ハラスメントかも!?

職場で起こりうるハラスメントだけでもこれだけあるんですね。家庭や学校なども含めると、その種類はもっと増えてきます。

ご紹介したなかには「こんなこともハラスメントになっちゃうの?」と思ってしまう内容もあったと思います。昭和では当たり前に行われていた行為も、今では立派なハラスメントになり得るのです。

結局は受け手側がハラスメントと判断するかどうかで決まってしまうので、良かれと思って普段無意識で行っている行為が実はハラスメントになっているかもしれません。

気を使いすぎたり、先のことを考えて行動したりする必要がでてきて生きにくい世の中ですが、加害者にならないように日頃気をつけるようにしましょう。

WRITER タロウ

ライター

株式会社タロログの社長かと思ったけど、社員に馬鹿にされて早退したことがあるのでたぶん一番下っ端です。