会社の上司や同僚へ。結婚報告のタイミングや伝え方の例文まとめ

パートナーとの結婚を決めたら職場やまわりの人に報告する必要があります。

報告方法は結婚式に招待するかどうかや、相手との関係によって変わります。

目上の人に対しては、はがきや年賀状、メールなどで済ませるのは失礼にあたることも。

とくに職場の上司や同僚にはタイミングを見極めて、遅くならないように報告しましょう。

 

今回は結婚報告をするタイミングや伝え方を例文を交えてご紹介。そのまま使えるようにしましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

社会人としての結婚報告

 

社会人になってから結婚をする場合、上司や同僚へ報告 をする必要があります。

結婚自体は自由ですが、社員の結婚は会社や職場に少なからず影響を与えるもの。

ちゃんと報告をした方が新婚旅行や有休消化の時期の相談もできますし、業務もプライベートも充実しますよ。

 

結婚報告をする順番は?

 

では、実際に結婚報告をする場合の順番はどうしたらいいのでしょうか?

社会人として守るべき順番は以下の通りです。

1.直属の上司(課長・店長など)
2.上長への報告(部長・マネージャーなど)
3.職場への一斉報告
4.職場の同僚・友人への報告

避けるべきなのは仲のいい同僚や友人伝えに、上司が結婚すると知ってしまうこと。

部下の様子を把握できていないのは、上司にとっては管理不行き届きともいえます。業務の進行的にも社会人としてのマナー的にもよくありません。

結婚後もそのまま勤務する可能性があるばあいや社会人としてのマナーを大切にするなら、結婚報告は必ず上司から しましょう。

 

職場へ結婚報告をするタイミングは?

 

新婚旅行や有休消化をする場合、その間の業務はだれか別の人が進めてくれます。

引き継ぎなども考慮すると、少なくとも3ヶ月から4ヶ月前には報告し、相談しておくのがベスト でしょう。

繁忙期かどうかや自分の担当の有無によっても調整は必要。すでに結婚している先輩へアドバイスを求めるなど、確認をしておくのもおすすめです。

 

職場の上司に結婚報告をする場合

 

職場の上司に結婚報告をする場合、必要な内容を簡潔に伝えた方が印象がいいです。

部下が結婚するにあたり、上司がとくに知りたいのは 結婚した本人に勤務し続ける意思があるかどうか です。

 

上司への結婚報告では、結婚後の就業の意思や、妊娠や出産への希望も合わせて自分から伝えましょう。

最初に結婚することがまわりから伝わるのはNG……とお話ししましたが、寿退社するなどの報告が上司に1番に伝わらないのも問題です。

 

今後の働き方は、自分の意思はもちろん、家族の増え方や結婚相手の職業によって左右される部分もあります。

例えば転勤などが多い相手と結婚する場合、自分もやむを得ず退職を申しでなくてはいけない可能性もあります。

結婚と一緒にそのあたりの情報を共有できれば、上司の気苦労や手配のテマをはぶくことができますね。

 

ちなみに、結婚報告をするときは忙しい時間を避けて、「お時間をいただけますか?」と確認してから伝えましょう。

 

結婚式に招待する上司への報告例文

 

報告する上司を結婚式に招待する場合、予定をあけてもらう必要があります。

結婚報告と一緒に、式場と日時を伝えるのがスムーズ です。

また、上司にスピーチを頼みたい場合は結婚相手の情報をシンプルに伝えておくといいですね。

同じ職場から誰を招待する予定なのかも報告できると親切です。

 

例文としては以下のとおりです。

このたび、結婚することになりました。
相手の方は××会社に勤務している30歳の方で、名前は佐藤ベラジオさんです。

つきましては、部長には結婚式にご出席いただきたいです。
日程は○月○日に▲▲ホテルで挙式を予定しています。

また、披露宴ではスピーチをお願いできますでしょうか?

結婚後のことですが、引き続き勤務させていただきたく存じます。
なお、新婚旅行のために休暇を頂戴したいと思っております。

みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけましたら幸いです。

 

結婚式に招待しない上司への報告例文

 

身内だけで式をあげる場合など、上司を招待しないこともあるでしょう。

その場合は「身内だけで行うため、だれもご招待しない予定です」などと伝えておくのがベストです。

世代によっては結婚報告=招待と考えることもありますし、伝えておいた方が上司にも余計な気を使わせずに済みます。

このようなかたちで伝えてみましょう。

このたび、結婚することになりました。
相手の方は××会社に勤務している30歳、佐藤ベラジオさんという方です。

結婚式は○月○日に家族のみで海外での挙式の予定のため、職場のみなさまにはあらためてご挨拶をさせていただければと考えております。

なお、勝手ながら、挙式後引き続きまして新婚旅行のための休暇を頂戴したいのですが、ご承認いただけましたら幸いです。

結婚後につきましては、引き続き勤務させていただきたく、今後とも一層仕事に励みたいと考えています。

 

職場の同僚や友人に結婚報告する場合

 

職場の上司へ報告したあとは、同僚や友人に結婚報告をしましょう。

式場を決定し、だいたいの招待客が決まり始めたころ(挙式の3ヶ月から4ヶ月前)になると思います。

職場の全員を招待するのであれば問題ありませんが、式の規模や職場のとの関係によって、人数を限定しないといけない場合もあるでしょう。その場合は 不快に思うひとがいないように配慮が必要 です。

メールやSNSで一世に結婚報告をする方法もありますが、「たぶん呼ぶよ!」など曖昧に誘うのはやめておきましょう。

 

結婚式に招待する同僚への報告例文

 

結婚式に招待する同僚へ報告をするときは、できるかぎり顔をあわせて行いましょう。

出席してほしいという思いと日程、のちのち正式な招待状を送ることをあわせて伝えるのが親切です。

また、同じ職場やグループ内で招待しない同僚や友人がいる場合は注意。

客観的に見て全員が納得できる線引きをしたうえで、招待する側の同僚や友人には「○○さんと〇〇さんだけしかお呼びできなかった」と伝えて、あまり話題にしないようにお願いしましょう。

例文は以下のとおりです。

今年の5月に結婚することになりました。

お相手は以前からお付き合いしていた佐藤ベラジオさんです。

そして、結婚式の予定が決まって、○月△日になりました。
ぜひ出席していただきたいと思っています。

後日、正式に招待状をお送りします。
お忙しいとは思いますが、予定をあけておいてくださいね。

 

結婚式に招待しない同僚への報告例文

 

結婚式に招待しない同僚や友人に結婚報告する場合は、あえて会う機会をつくる必要はないです。

招待しない理由で不快に思われないのは「身内だけで結婚式を行なうことにしたので、ご招待はできない」という言い回しです。

 

式には招待できなくても二次会には参加してほしい場合は、結婚報告のときに伝えましょう。

この場合は会って報告した方がいいですが、もし難しければメールで済ませてもいいです。

それよりも報告が遅れてしまうことを避けましょう。相手にも予定がありますから式にも招待する人達と同じタイミングで伝えるのがベストです。

 

例文としては以下の通りです。

今年の6月に結婚することになりました。

お相手は、○○で知り合った××会社の佐藤ベラジオさんという方です。

結婚式は○月△日の予定なのだけれど、親族だけで行うのでお呼びできなくて残念です。

でも、あらためて二次会を行おうと考えています。

ただいま計画中なので、詳しいことは近くあらためてメールでお知らせさせていただきます。

 

結婚報告もスムーズに済ませて幸せな挙式を!

 

いろいろな準備が必要になる結婚式前。やることが多くて慌ててしまうこともあるかもしれません。

ですが報告だけはしっかりとしたほうが、上司や同僚からのサポートも受けることができ、気持ち的にもスムーズに事をすすめられるでしょう。

ぜひ幸せな挙式を迎えてくださいね!

 

(執筆:鮎川ゆま 編集:中馬さりの)

 

EDITOR 中馬さりの

ライター・編集者

旅暮らしするフリーライター。1992年、東京生まれ。高校在学中にライター業を開始。文化女子大学服装学部を卒業後はアパレルメーカーで広報を経験。2016年からフリーライターとして活動を開始。多数のメディアへの寄稿、編集業務を担当中。