結婚式に上司を呼べない……。無理してでも呼ぶべき?ビジネスマナー重視の対応策

社会人になってから結婚をする場合、上司をゲストとして呼ぶか 考える必要があります。

親族の気持ちや式をあげる場所、上司との距離感などを考えると、呼びにくく感じることもあるかも。

 

そもそも上司は友達ではありません。

毎日顔を合わせる目上の人だからこそ、結婚ひとつでも、その後の人間関係にも少なからず影響があるでしょう。

呼ぶにしても呼ばないにしても、どう対応すれば失礼にならないのかは知っておきたいですよね。

 

今回は ビジネスマナーを重視して考えた場合、結婚式に上司を呼ぶべきか、呼ばない場合はどうしたらいいのか をまとめました。

上司を結婚式に呼ぶべきか迷っている人、呼びたくない人の参考になれば嬉しいです。

 

ビジネスマナーとしては上司を呼ぶのが正解

 

まず、結論からいうと、ビジネスマナーとしては問答無用で上司は結婚式に呼ぶのが正解 です。

 

遠く離れた地元で挙式をする場合や、身内ばかりでひっそりと挙げる場合など、「呼んだ方が上司に迷惑をかけそう」と考えてしまうかもしれません。

でも、それはいらない気の使い方です。

上司はあなたが思う以上に部下の結婚式に招待され慣れているでしょう。

スケジュール的に厳しかったりそういう席が苦手だったりすれば、うまく断ってくれるはずです。

優しい上司だと、不参加でも電報やお祝いのメッセージをくれる場合もありますよ。

 

どれくらいの距離感の上司まで声をかけるべき?

 

上司との距離感が曖昧で、結婚式に呼んでいいのか迷う場合もありますね。

そもそも、どれくらいの関わりがある上司まで結婚式に呼んでいいものなのでしょうか?

 

判断するポイントとしては以下のふたつ。

  • 今までお世話になった度合い
  • これからお世話になる度合い

今までお世話になった上司は、仮に異動などで今現在の部署が違っていても声をかけてOKです。

ただ、以前の上司を呼ぶのであれば今現在の上司にも声をかけましょう。

入社直後や異動直後でまだ仲が深まっていなかったとしても、今現在の上司はこれから先お世話になるのが明確です。

 

また、自分とパートナーの両方の立場をふまえて判断するのも大切です。

社内結婚であればふたりともお世話になっていますし、共通の上司や先輩には優先的に声をかけるのが筋ですね。

逆に職場がバラバラでお互いの上司を呼ぶ場合は人数が限られてくることでしょう。

最終的には 式全体のバランスを考えて今までお世話になった方を中心に呼びましょう。

 

また、誰に声をかけたのかも上司に伝え共有しておくのも社会人としてのマナー。

例としては「○○部長と××店長にもお声がけをして、部長にはスピーチをお願いする予定です」などと伝えればOKです。

お祝いしたい気持ちはあっても、重要なポジションについているメンバーが一斉に抜けてしまうのは会社の運営として困るもの。

誰に声がかかっているのかわかれば、上司も仕事の兼ね合いをみつつ、安心して参加か不参加を決めることができます。

 

どうしても上司を呼べない・呼びたくない場合

 

ビジネスマナーとしては上司はできる限り声をかけるのが正解と言いました。

でも、中にはどうしても呼べない、呼びたくない人もいるかもしれません。

金銭的な問題から身内だけで済ませたかったり、上司と気が合わなかったり、呼びたくない理由もいろいろ。

ただ、結婚式に上司を呼ばないと決めたとしても、結婚の報告はせざるをえません。

 

そのときに、呼ばないのであれば社会人として最低限のフォローはしておくべき です。

年齢によっては、部下の結婚式は参加するものと考えている上司もいます。

間違っても嫌いだから呼ばなかったなどと思われないようにしましょう。

 

「親族だけで行うことにしました」

「お互いの招待人数の調整から職場の方はお招きできなくなってしまいました」

などの明確で当たり障りのない理由と一緒に、申し訳ない思いを伝えて、誤解を招かないようにしましょう。

 

 

ちなみに、上司を呼ばない場合は職場関連の人は全員声をかけないようにするのもマナー です。

もし遠方で結婚式をあげるのなら、お土産などを持参すれば誠意はより伝わります。

伝え方を間違えずに終わった後のフォローもすれば、今後の関係もさらによくなるでしょう。

 

【まとめ】結婚式に上司を呼べない場合はとにかく誠意を見せること

 

結婚はパートナーだけでなくまわりのひとも含めた一大イベントです。

そのため、お互いの親族の意向や職場の状況など、考えてしまう部分も多いと思います。

どうしても上司を結婚式に呼べない場合は、とにかく誠意を見せるように意識しましょう。

 

注意点としては以下のとおり。

  • 呼ばないとしても日時はちゃんと報告
  • 呼ばない理由を明確に誤解のないように
  • 上司以外の職場関連の人も呼ばない

結婚することそのものを秘密にしたり、報告がギリギリになってしまったりするのは絶対にNG です。

今後も同じ会社で働き続ける以上、ごまかしてもいつかはバレることです。

しっかりとした報告と誠意の伝わるフォローをして、よりよい人間関係を築いていきましょう!

 

(執筆:鮎川ゆま 編集:中馬さりの)

 

EDITOR 中馬さりの

ライター・編集者

旅暮らしするフリーライター。1992年、東京生まれ。高校在学中にライター業を開始。文化女子大学服装学部を卒業後はアパレルメーカーで広報を経験。2016年からフリーライターとして活動を開始。多数のメディアへの寄稿、編集業務を担当中。