2018年2月施行・規則改正のポイント解説「ぱちんこ編」と、それに伴う日工組の取り組みがガチだった件

平成30年2月1日に風営法の規則改正が行われました。

 

そもそも規則改正の目的は、「ギャンブル等依存症対策」の一環となっていて、大当り1回における獲得出玉を少なくし、出玉率の上限と下限をより厳しく設定する(ユーザーが大負けや大勝ちすることを防ぐ)ことで、いわゆる「のめりこみ」を抑えようとする試みです。

大負けや大勝ちを防ぐことが果たしてのめりこみ防止になるのか…に関しては専門家の間でも議論がわかれるところではあります。

しかしIR法案を通すにあたって世論がギャンブル依存症に対しての風当たりを強めてきていることをふまえると、出玉を抑えて射幸性を抑えた。というのはわかりやすい説得材料である、と言えると思います。

 

【代表的な規則改正】CR機導入は脱税対策だった!?

このように、世論の流れを汲みその時々に目的をもって「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」通称、風営法は改正されます。

 

過去でいえば遊技場(ホール)の脱税が大きく取り上げられるようになった時、脱税対策としてプリペイドカード導入による売上管理をすることで、脱税をさせまいとして規則改正を行いました。

しかし、当時は現金をサンドに入れてそのまま玉が出てくる現金機が主流の時代だったので、新しくユニットを購入するコスト等があり普及はしにくいだろうという懸念がありました。

そこで、プリペイドカードを使用するカードリーダー機、通称「CR機」(カードリーダー機、と読む説が主流)には次回大当りがほぼ約束されている「確率変動」を新たに認めることでCR機が爆発的に普及し、その結果脱税も徐々に少なくなっていったという経緯があります。

 

今後の規則改正には…

ぱちんこ・パチスロは風営法によって管理されており、その監督官庁は警察庁であることは皆様ご承知の通りだと思います。

今回のように世論の流れに対して、法律の解釈だけでは解決に近づけないと言う場合、法律を改正し対応にあたるケースが多いです。しかしほとんどの場合では内規解釈の問題で対応可能なため、規則改正があるという事は極めて稀です。

ということは、今後規則改正が行われるときには何らかの「大義」が必要になると考えることもできるわけです。

 

18年2月施行・規則改正のポイントを3つ解説

今回の規則改正にはまず出玉の規制があります。

簡単に説明すると、ぱちんこでは

  • 大当たり出玉2,400発→1,500発上限
  • 大当たりラウンドが最大16R→10Rへ

と言ったものです。

 

そしてその他に大きな枠組みで3つ改正されたものがあります。

 

  • ①出玉情報等を容易に確認できる遊技機に係る規格の追加

いわゆる、「管理遊技機」を新たに認めるという内容となります。元々の管理遊技機は、封入式ぱちんこと呼ばれるものだったのですが、封入式ぱちんこ構想における出玉管理が依存症対策に繋がるという観点から、規格が追加されました。ちなみに、旧規則下においては、規則として封入式はNGでした。

 

  • ②管理者の業務の追加

お客様の遊技が過度にわたることがないように、お客様に対する情報の提供その他必要な措置を講ずることをぱちんこ屋等の管理者の業務として規定する。

依存症対策におけるホール側の対応業務として明文化されております。

 

  • ③ぱちんこ遊技機への「設定」の導入

パチスロと同様に、6段階までの設定を認められました。こちらは、釘の不正改造(いわゆる釘調整)への対応策となります。

 

このように、①と②は主として依存症対策として規則に追加されたもの、③は不正改造問題に対するケアとして規則改正されたものであることがわかります。

 

規則改正に伴う日工組としての取り組みとは

規則改正に付随して、ぱちんこメーカーの組合である日本遊技機工業組合、通称「日工組」(にっこうそ)では大きく分けて下記の3点の取り組みを新たに始めることとなりました。

  • (1)型式名について

旧規則機において、型式名はカードリーダーの略である「CR」記号を使用していましたが、わかりやすさの追求として、各区分に分けて頭文字の記号を変えることにしました。

・旧基準機 「CR」

・新基準機

ぱちんこ「P」

アレンジ「R」

じやん球「J」

ちょいパチ「Pちょいパチ」

現金機・他「なし」

 

上記のように細分化され、型式名を見ればどこの区分に該当するかが一目瞭然。また、旧基準機と新基準機との見分けもすぐにつきます。

 

具体的にいうと下記のようなイメージとなります。

旧基準機 … CR山物語X55

新基準機 … P山物語X55

 

このように、型式名の頭の記号がお馴染みの「CR」から「P」に変更となります。2021年の2月以降は全てのぱちんこ機が新基準機となるので、それまでは「CR」と「P」が混在する形になるかと思われます。

 

  • (2)くぎ確認シート

旧基準機からくぎ確認シートの運用は始まっておりましたが、新規則機からは遊技盤面に配置されてある全ての釘がくぎ確認シートの対象となります。

またシートサイズはA4サイズに統一され、複数枚になった場合はセット枚数がわかるように記載されるなど、メーカー間でバラバラだったくぎ確認シートの規格が統一されるようになります。

これにより遊技くぎの違法改造を抑止すると言う成果が得られる、と期待されています。

 

  • (3)性能表示モニタ搭載

低確率時短なし状態、いわゆる通常中のベース値を主基板上の性能表示モニタに常時表示することになりました。

型式試験に適合した全ての遊技機は、取扱説明書にその遊技機のベース値の範囲が記載されています。

性能表示モニタに表示されているベース値と取扱説明書に記載されているベース値の範囲とに誤差があった場合は、不正改造とみなされる恐れがあります。

 

以上の3点が日工組における主な取り組みです。

なかでも(2)(3)は、新規則における③「設定導入」の要因となった「遊技くぎの不正改造」をさらに抑止しようとした日工組の取り組みであるといえます。

こちらは日工組が独断でやったようにも思えますが、当然のことながら監督官庁である警察庁の意向を踏まえつつ意見のすり合わせを行っていますので、単独での思い付きであるとはいえません。

 

このことから、業界全体で取り組むべき問題だ。という認識を持ってもらえればと思います。

 

業界の健全化へ向けて

規則改正は、警察庁が現状の問題点を解決するために行われるものだとお分かりいただけたと思います。

1つ1つの問題をクリアしていくことが業界全体の健全化に繋がりますし、何より取り組まなければならない課題であります。

公表された内容だけではなく、何を目的に行うかを今一度考え業界全体として取り組んでいくことが重要だと考えます。

WRITER 荒井 孝太

遊技機開発会社社長

株式会社チャンスメイト 代表取締役
パチンコメーカー営業・開発を歴任後、遊技機開発会社チャンスメイト(http://chancemate.jp/)を設立。パチンコ業界をより良く、もっと面白くするために、遊技機開発業務の傍ら、ホール向け勉強会や全国ホール団体等の講演会業務など広く引き受ける。