新入社員必見!必見と言ったら必見!正しい名刺交換のやり方とマナー

新入社員として会社に入るとまずは営業先や取引先などに挨拶に行き、名刺交換をすることになります。

名刺交換は簡単に思えますが、とっても大切な行為。マナーを知っているかどうかで相手からの印象がガラリと変わります。

そしてあなたの印象が、会社の評判に直結することも…!

 

新入社員は必見!名刺交換の基本的なマナーからNG例、応用編などをご紹介します。

 

名刺交換の時の基本的な渡し方や受け取り方のマナー

まずは名刺交換をするときの、基本的な渡し方や受け取り方をおさらいしておきましょう。

 

ある程度知っている方も、もう一度入社前に確認しておくと安心です。

 

名刺の渡し方の基本

名刺交換が必要な場所では、事前に名刺入れに名刺が入っているか確認し、すぐに取り出せるようにセットしておきます。

 

名刺交換の流れは、以下のようにするとスムーズです。

1. 相手が来たらサッと名刺を取り出し、胸の高さに持ちます。

2. しっかり相手の目を見て、社名と名前を名乗ります。

3. 相手側に名刺の下を向けて差し出します。

 

名刺交換に慣れてくると、つい名刺切れを見落とすことがあるので注意しましょう。

また、頂いた名刺と自分の名刺が混ざってしまって、渡すときにアタフタすることがないように事前に整理しておくことも大切です。

 

 

 

次に、基本的なNGの例をご紹介します。

威嚇しない。

自分を大きく見せようとしたり、相手を威嚇しようとしてはいけません。

 

 

受けて立たない。

天地陰陽の構えに活路を見出さない。相手が天ならこちらは地、と受けて立つのはビジネスマナー的にNGです。

 

 

名刺の受け取り方の基本

名刺を渡してホッとせず、受け取る時にもマナーを忘れないようにしましょう。

 

相手から名刺をもらったら「ありがとうございます」「頂戴いたします」と言いながら、両手で受け取りましょう。

また、相手の名前や会社のロゴを自分の手で押さえないよう、角を持つように気を付けます。

 

受け取ったら「〇〇さまですね」と名前を確認しましょう。

特に、読みにくい名前の場合「失礼ですが〇〇さまとお読みしていいでしょうか?」または「何とお読みすればよろしいでしょうか?」と、必ず確認してください。

 

受け取った名刺は、すぐ名刺入れにしまったり雑にテーブルに置くと、相手からの印象が悪くなります。

逆にいつまでも持ったまま話を続けるのも失礼なので、一旦名刺に目を通してから、名刺入れにしまうか、テーブルに置くか判断しましょう。

 

訪問した方が先に名刺を出す

営業先や取引先では、あなたが先に名刺を差し出すのがマナーだというのはご存知だとおもいます。

間違いがちなのは、相手との関係があなたの方が上であっても、訪問した方が先に名刺を出すという点。

 

 

 

座ったまま名刺交換をしない

訪問先で、部屋に通されて座って待つことがあります。

その場合、相手が出て来てくれたら、すぐに立ち上がり挨拶をした後、名刺交換をするのが基本的なマナーです。

 

絶対に座ったまま名刺のやり取りをしないようにしましょう。

 

【絶対にダメな名刺の受け取り方】

・ドヤ顔
・片手
・って言うかまず座ってるので絶対にダメ

 

 

相手との間にテーブルなどの障害物がある場合は、必ず移動して相手とあなたの間に物がない状態で、向き合って名刺交換しましょう。

 

【テーブルなどの障害物があるときは…】

 

【脇によけてから、名刺交換をする】

これが正解ですね。とってもスマートです。

 

では、ダメな例を見てみましょう。

 

【ダメな例:障害物編その1】

・目一杯腕を伸ばす。

リーチ差なども考えないといけなくなり、真柴有利感は否めないのでダメです。きちんと脇に移動しましょう。

 

【ダメな例:障害物編その2】

・力を合わせ困難を克服。

ガッツは認めますが基本ダメです。来客時はお茶などが出されている場合が多いので、二次災害の可能性があります。

 

 

先に名刺を出されたときはすぐ対処する

「こちらから先に挨拶をしなければいけないケース」なのに、相手方に先に名刺を出されてしまったら、それを受け取らず自分の名刺をすぐに出します。

「失礼しました」または「申し遅れました」と一言伝えながら、自分の名刺を相手の名刺より下の位置に出します。

 

相手が受け取ってくれた後に「頂戴します」と伝えて、相手の名刺を両手で受け取ります。

 

こうしたトラブルにもすぐに対応できるよう、名刺はすぐに取り出せるよう常にセットしておきましょう。

 

名刺をいただいた後のマナー

名刺をいただいたら、すぐに名刺入れにしまってはいけません。

 

いただいた名刺が1枚なら、テーブルの上に名刺入れを置き、その上に相手の名刺を置いて話を進めましょう。

置く場所は、自分の左前が一般的です。

 

複数人から名刺をいただいたら、相手が分かるように全ての名刺を自分の左前に並べます。

相手方の席の並び順に、「誰がどの名刺をくれたのか」が分かるように置きましょう。

目上の人がハッキリしている場合は、その人の名刺を名刺入れの上に置きます。

 

名刺をしまうタイミングは空気を読んで

通常、名刺をテーブルの上に並べて話を進めますが、資料などを開くと邪魔になることがあります。

その場合は、名前をしっかり確認した後、一礼して相手の名刺を名刺入れにしまいます。

空気を読みながら、その場で判断してください。

 

テーブルなどがない場合も同様で、名前を確認した後に一礼してしまうようにしましょう。

 

その時、相手が先にしまったのを確認してからでなくてはダメ。あなたが先だと失礼にあたります。

できるだけ、相手がしまってからあなたも名刺入れにいれるようにしてください。

 

 

複数人や同時交換など名刺交換の応用マナー

名刺交換は、基本通りのシチュエーションにならないことも多々あります。

 

複数人との名刺交換や、同時に名刺を出してしまったときなど、イレギュラーな名刺交換になったときのマナーも知っておきましょう。

 

また、ワンランク上の名刺交換時に好印象を与えるコツもご紹介します。

 

複数人と名刺交換するときは上司が先

新人の時は、上司と一緒に取引先を回ったり、営業先で名刺交換をする機会が出てきます。

そのときのマナーもしっかり知っておかなくては、上司に恥をかかせ「マナー知らずの新人」だと思われてしまいます。

 

順序としては、以下のようになります。

1. 上司が相手方の上司と名刺交換をし、その後部下という順序で交換します。

2. 上司が挨拶をしている間に、相手方の人数分名刺を準備し、名刺入れの下にセットします。

3. 上司の挨拶が終わったら、あなたが相手方の上司から部下の順序に名刺交換をします。

相手が複数の場合、いただいた名刺は名刺入れに挟んだまま、次の人と名刺交換しましょう。

注意点は、上司が名刺交換している間、あなたは名刺交換をしないようにしてください。

 

上司が名刺交換をしている間、手の開いている相手方の部下と先に名刺交換を済ませると効率がいいように感じます。

しかし、それではマナー違反!上司が挨拶している間は、後ろで待機するようにしましょう。

 

必ず、上司が全ての人と名刺交換をした後で、あなたが挨拶をスタートします。

 

【注意!待機中にやってはいけないこと!】

・日頃の恨みをここぞとばかりに晴らそうとしないこと。

 

 

 

同時交換するときは片手でいただき両手で引き寄せる

同時に名刺を交換する場合は、右手で相手に名刺を渡し、左手で相手の名刺を受け取ります。

 

受け取ったらすぐに片手を添え、両手で自分の方に引き寄せます。

そうすると、相手に両手で名刺を受け取っている印象を与えることができます。

 

相手とタイミングを合わせる

相手が名刺を出すのが遅れたり、名刺が手元になくて探している場合は、先に差し出さず相手を待ってあげましょう。

 

通常名刺交換するときは、名刺を胸の高さで持ちますが、相手を待っているときは少し手を下げて、相手が焦らないように配慮しましょう。

 

 

名刺の渡し方やマナーで仕事ぶりを判断されることも

たかが名刺交換ですが、人によっては名刺交換の仕方で「デキる人」かどうかを判断することもあります。

 

マナーは、知っていて損はありません。

新入社員として会社に入る前に、名刺交換自体を何度か練習をしておくと、安心して社会人ライフをスタートできますね!

EDITOR Plus編集長

編集長★

BELLAGIO Plusの編集長。社内の取材をしたり、催事の取材をしたりして記事を書いています。取材同行歓迎!