【エクセル武者】関数推参! if関数って何じゃあどう使うのじゃあ、って兵は見よ。朗報もあるぞ

皆の者、エクセル武者じゃ。

ああ、そうそう。最下部に朗報があるから読み飛ばしても最後だけはしっかり見てくれるかのう。

人物紹介:エクセル武者

エクセルを覚えてからというもの戦では連戦連勝。国中にエクセルを広めるべく今日も明日も国盗り。好きなショートカットは『Shift + Alt + =(イコール)』

前回のショートカットは全て習得したかの?

参考記事:【エクセル武者推薦第弐弾】戦国でもおすすめな厳選エクセルショートカット拾選

新元号が決まったようじゃな、令和とな。

ますます新時代に乗り遅れるわけにはいかんのう、皆の者励むのじゃ。

さて、今回推挙するのは「if関数」なるものである。

戦場では「もしも」などはないのだがのう、まあまずはご覧じろ。

基本となるベラジオの店舗を覚えるのじゃ

戦国時代はこのような店舗展開をしていたとかいないとか、史実は時に不鮮明であるな。

さて。

1.=IF()【基本となるIF文】

=IF(論理式,[値が真の場合],[値が偽の場合])
条件により処理を分ける

まずはぱちんこの台数に注目じゃ。

下の表に従って、各店舗の格付けを行いその結果をE3のセルに自動で表示させるのじゃ。

台数
500台以上 大名
350台以上 旗本
200台以上 御家人
200台未満 従士

=IF(D3>=500,”大名”,IF(D3>=350,”旗本”,IF(D3>=200,”御家人”,“従士”)))
意味:D3のセルが500以上の場合「大名」と表示350以上500未満の場合「旗本」と表示200以上350未満の場合「御家人」200未満の場合「従士」と表示

セルの右下にカーソルを合わせて下にドラッグするとE3の計算式をE12までコピーすることができるのう、兵法の初歩中の初歩じゃぞ?

するとどうじゃ、一挙に格付けが済んだではないか。便利なもんじゃ。ほれこの通り。

便利じゃ。

2.=IFS【IF文との違い】

=IFS(論理式1, 真の場合1, 論理式2, 真の場合2, …, 論理式127, 真の場合127)
複数の条件を順に調べた結果に応じて異なる値を返す

1.で紹介したIF分との違いは値が偽の場合の表し方じゃの

単純なIF文より読んで理解しやすいのがIFS文である。

まあ百聞は一見に如かず。

=IFS(F3>=500,”大名”,F3>=350,”旗本”,F3>=200,”御家人”,TRUE,”従士”)
意味:F3のセルが500以上の場合「大名」と表示350以上500未満の場合「旗本」と表示200以上350未満の場合「御家人」200未満の場合「従士」と表示

※IFS関数はExcel 2016以降もしくはOffice365でしか使用できぬがな

新しいものはいいものじゃ。数で区分けをしたい場合は便利な関数じゃな、是非活用してみるのを勧めるぞ。

ほれこのとおり。

3.=IF(OR())【ORを含んだIF文】

OR(条件1,条件2,条件3,…):
エクセル OR 関数:一つでも条件を満たしているか判定する

お次はこれじゃ。

むう、少々難解じゃのう…。

=IF(OR(C3=”北海道”,C3=”青森県”,C3=”岩手県”,C3=”宮城県”,C3=”秋田県”,C3=”山形県”,C3=”福島県”),”北/東”, …
意味:C3のセルが北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の場合「北/東」と表示、…

まあ、数が多いだけじゃ。落ち着いてみればどうということはない、土地別で分けたいのであるな。

ほれっ。

4.=IF(AND())【ANDを含んだIF文】

AND(条件1,条件2,条件3,…):
全ての条件を満たしているか判定する

簡単に天下無双を名乗ることは許されぬ。そうじゃの、ぱちんこ回胴も500台以上の設置があれば天下無双を認めようかのう。

そんな欲張りな条件を満たすかどうかはこの関数じゃ。

=IF(AND(E3>=500,G3>=500),”天下無双”,””)
意味:E3(ぱちんこ)とF3(回胴)が500以上の場合、「天下無双」と表示、それ以外は空欄

どれどれ…

ぱちんこと回胴が500台以上あるのはベラジオ大阪城とベラジオ鶴ヶ城の2店舗。この2店舗に「天下無双」と表示されれば正解じゃ。

ほっ、見事じゃ。

5.【計算式を含んだIF文】

城がでかいだけではいかん。兵力も将たるもの十分に確保しておく必要があるぞ。

そこでこれじゃ。

意味:台数÷スタッフ数が40以上のホールに「不足」と表示

論理式に関数以外の割り算や掛け算、足し算、引き算などを入れることも可能じゃ。

兵力は足りておるかのう、しかと確かめるのじゃ。

この結果を加えた最終結果をご覧じろ。

完成じゃ

と言うわけで完成したのがこちらじゃ。

「A」「D」「F」「H」「I」「K」は関数を用い、自動で入力されるようになっておるのじゃ。

戦も仕事も神速を貴ぶ、と言う。

必ず覚えてもらいたい関数じゃ、良いの。

朗報、朗報

儂の「らゐんあっと」が出来たのじゃ!

友だち追加

いつでもどこでも、エクセルで困ったらいつでも筆を執るのじゃ。

儂が貴殿にどんな難解な問いかけでも答えて進ぜよう。

「こんなワークシートを駆使したい!」「こんなことがしたいあんなことがしたい!」そんなエクセルの悩みは即!儂に聞いてくれて構わんぞい!

表!即!算!これが儂のモットーじゃの。

ああ、しかし合戦の合間に返信する事になるであろうから、そくれすではなくても腹を立てるでないぞ?

世のエクセルの問題は全て儂に任せておけ!れっつ登録じゃ!

WRITER エクセル武者

エクセルを使いこなす剛の者。エクセルを覚えてからと言うもの連戦連勝である。