【エクセル武者】戦場でもすぐわかる!土日を藍朱に一瞬で塗りつぶす「書式」を伝授(小技あり)

皆の者、エクセル武者じゃ。

人物紹介:エクセル武者

エクセルを覚えてからというもの戦では連戦連勝。国中にエクセルを広めるべく今日も明日も国盗り。好きなショートカットは『Shift + Alt + =(イコール)』

前回紹介したIF関数は覚えているかの?

参考記事:【エクセル武者】関数推参! if関数って何じゃあどう使うのじゃあ、って兵は見よ。朗報もあるぞ

とても便利な関数じゃぞ。忘ることなきように。

 

さて、今回は【日付】【曜日】に関する奥義を紹介するぞ。

土曜日は藍、日曜日は朱、まさか手作業で塗ってはいまいな?

どきり、としたお主は必見のようじゃ。心して読むが良いぞ。

日付を自由自在に操る技

まずは小手調べからじゃ。

=TODAY()
現在の日付の値を求める

現在の日付はこの関数で求めることができるのう。入力しておけば常に今日の日付が自動で入力される仕組みじゃ。便利じゃ。

む、平成31年5月…とな…。

愚か者ーー!

愚か者~!

時は戦国、改元ありの「令和」じゃあ!

とまあ、最早問題なかろうとは思うが万が一「平成」表記が飛び出してきた場合西暦表示⇔和暦表示を切り替えたい場合はこちらの技で対応すると良かろう。

和暦(元号)表示もグレゴリオ暦(西暦)もこのように簡単に表示形式を変えることができるぞ。天下人にでもなった気分じゃあ。

ほれこのとおり。

西暦は要らないけど日付と曜日は欲しい!という時はこの設定で事足りるぞ。

選択肢にない場合は、直接入力すれば次回からは記憶されているぞ

まっこと便利じゃ

曜日によってセルの色を変える技

さて、いよいよ本題。「戦の日程をカレンダーで土曜日は藍、日曜日は朱に行を塗りつぶしたいんだがなあ」と言う折に役立つ奥義の伝授を致そうかな。

例えばこんな感じでのう

手塗りしてはおらんな?

手順としては、条件付き書式の「新しいルール」から

ルールを「数式を使用して、書式設定するセルを決定」

数式はこれじゃ

=WEEKDAY($B3)=7 =WEEKDAY($B3)=1
WEEKDAY関数は曜日を求める関数
土曜日は=7 日曜日は=1で指定できます

土曜日は藍に

日曜日は朱に

文字の色や太さを変えたりもできるので色々試してみると良き。

 

完成じゃ。

日付を入れたら「曜日」「色」は自動でヒョイ、である

これで1年の戦予定があっても一瞬で土曜日は藍、日曜日は朱でセルを塗りつぶすことができるのう。

ホレこの通り

ふむ、右まで塗りたいのう

右のセルも全部塗りつぶしたい場合は「適用先」を

=$B$3:$G$10
塗りつぶしたいセルを範囲指定

にすると、その曜日の行全てのセルが塗りつぶされるぞ。一網打尽じゃ。

大量にあってもこの通り

これは便利じゃ。

リストから入力ができる時短技!

「良」や「完了」、武将の名前など同じ文字を何度も入力するのが面倒じゃ!という不精者にとっておきの機能じゃ。

 

入力値の種類を「リスト」に、元の値をプルダウンリストにしたい文字を「,(半角カンマ)」区切りで入力するのじゃ。

舶来語が多くてわかりにくいのう。図を参照するのじゃ。

ううむ面妖なっ!セルをクリックするとリストが表示されるようになったで候。

これでいちいち入力をする必要もないのう。

作業時間の短縮になる技をいくつか伝授したぞ、合戦で勝つには効率化が大切じゃ。のらりくらりと時間を消費することなく備えるのじゃ。

ま、今回はこの辺にしておくかの。

「祝日も自動で色を変えたいんじゃが」という不精者は↓↓の「らゐんあっと」で問いかけてくれると助かるのう。

朗報、朗報

儂の「らゐんあっと」が出来たのじゃ!

友だち追加

いつでもどこでも、エクセルで困ったらいつでも筆を執るのじゃ。

儂が貴殿にどんな難解な問いかけでも答えて進ぜよう。

「こんなワークシートを駆使したい!」「こんなことがしたいあんなことがしたい!」そんなエクセルの悩みは即!儂に聞いてくれて構わんぞい!

表!即!算!これが儂のモットーじゃの。

ああ、しかし合戦の合間に返信する事になるであろうから、そくれすではなくても腹を立てるでないぞ?

世のエクセルの問題は全て儂に任せておけ!れっつ登録じゃ!

WRITER エクセル武者

エクセルを使いこなす剛の者。エクセルを覚えてからと言うもの連戦連勝である。