「ん?」となるタイトルの答えを勝手に妄想! 『パチンコ&パチスロ業界ニュースタイトル妄想記』 第1回

初めまして。主にパチンコ&パチスロ雑誌やウェブサイトなどでコラムを書いている、ライターのウエノミツアキと申します。よろしくお願いします。

 

仕事柄、パチンコ&パチスロのニュースをよく読むのですが、たまに「ん?」となるタイトルを見かけることがあります。それで記事を読んだり、検索したりして「なるほど、そういうことか!」とすぐに納得してしまうのはもったいない。「ん?」となった疑問をそのままに、しばらく答えを妄想するなんていうことをよくやります。それをコラムにしてみようとなったわけです。

 

第1回目は7月中旬くらいに見て、「ん?」となった、こちらのニュースタイトル。

「パイオニアが、『マシマシ』を販売」

これを見た瞬間、「ん?……あ! ついに出るのか!!」と。ついに「マシマシ」のパチスロが出るのかとなりました。「マシマシ」とは、そう、コレです。

ラーメン好きならご存じ、「マシマシ」。

 

炭水化物ジャンキー御用達の某有名ラーメン店J、もしくはそのインスパイア系の店舗にて「ニンニク」「ヤサイ」「アブラ」「カラメ(醤油)」といったトッピングを入れる際、多めに入れて欲しいときは「マシ」。さらにたくさん入れて欲しいときは「マシマシ」と言ってお願いします。

 

店員に「ニンニク入れますか?」と聞かれた後に答えるのが暗黙のルールとなっており、「ニンニク」や「ヤサイ」を入れたい場合は「ニンニク」「ヤサイ」とだけ答え、多めに入れたいときは「ニンニクマシ」「ヤサイマシ」、大量に入れたいときは「ニンニクマシマシ」「ヤサイマシマシ」と答えます。他にも全部大量投入したいときは「全マシマシ」、さらにもっと、そびえ立つ山のように乗せて欲しいときは「チョモランマ」なんていう頼み方が可能な店舗もあります。

 

ちなみに少しだけ入れて欲しいときに「スコシ」「スクナメ」というお願いもできるので、例えば「ニンニクマシヤサイマシマシアブラスクナメカラメマシ」などといった呪文を唱えているお客さんもいたりします。

 

『CR餃子の王将』シリーズ(豊丸)や、最近登場した『CR今日もカツ丼』(豊丸)など、いわゆる“食べ物機”は最近人気のジャンル。ラーメンをモチーフにしたマシンは過去にも『ラーメン道場』(西陣)、『CRラーメン倶楽部』(サミー)、『ラーメン王』(オーイズミ)とあったのでお客さんとしても抵抗はないでしょう。人気ラーメン店Jとのコラボなら、是非打ってみたいというラーメン好きも少なからずいるはず。

 

さて、どんな機種になるのでしょうか?

 

パイオニアですから液晶ではなく、一発告知ランプ搭載機でしょうね。トッピングが「マシマシ」されているラーメンランプがリールの上にドンッ! ただ、そこはパイオニアなので、左右にハイビスカスランプも搭載する可能性は高いです。結果、こんな感じ。

通常時はこんな感じで消灯していて……。

レバーオンと同時に点灯!……いや、それじゃ味気ないですね。レバーオンで「ニンニク入れますか?」と店員がコールしたらチャンス。第1停止で「マシ」、第2停止で「マシ」と声がした後、第3停止で……「マシマシ!」となれば、ランプ点灯!

大当たり!!……でしょうね。

ちなみに「通常と違う演出になったらBIG確定」といった違和感演出が得意なパイオニアですから、「マシマシ」にも当然搭載しているはず。

 

「マシ、マシ……全マシマシ!」ならBIG確定とか。

「マシ、マシ……スクナメ!」ならREG確定とか。

 

……いや、REG確定演出って、イヤですね。そんなの。それはナシナシ。もっと気持ちが高鳴る演出ということなら。

 

「マシ、マシ……チョモランマ!」でBIG確定もあるでしょう。えぇ。

チョモランマの場合は同時に「カロリーは2000kcal」ってランプも点灯して、次回BIGまで2000G間RT継続確定のスーパーBIGなんてのもあったりして。

 

BIGの1G目、レバーオンで「天地返し」って声が聞こえたら高設定示唆というのがあれば面白いかもしれません……あ、「天地返し」というのはトッピングが多すぎて麺に辿り着くまで時間がかかって伸びてしまわないよう、埋まっている麺を最初にほじくり出してトッピングの上に持ってくる技の俗称です。

 

あと、パイオニアといえばパネルフラッシュで高設定示唆という演出があるので、そちらも当然搭載。恐らく横パネルにある黒烏龍茶ランプがフラッシュすることでしょう。J系ラーメンに黒烏龍茶は欠かせませんからねっ!

 

というわけでひとしきり妄想してみましたが……うーん、我が妄想ながら実在するなら打ってみたい逸品。さて、パイオニアが販売する『マシマシ』とはどんなマシンなのか? 正解は、コチラです!

 

メーカー公式特設サイト

えーと……普通にカッコイイ沖縄系マシンでした。

名前から勝手に妄想してしまい、大変失礼いたしました。申し訳ありませんでした(平謝り)。

 

ちなみにパイオニアの『マシマシ』は、獲得枚数204枚のBIGと獲得枚数54枚のREGを搭載したA+RT機で、ボーナス後は必ず30GのRT「マシマシボーナス」(BAR揃い)に突入。RTは約50%でループするといった優れもので、次回ボーナスまで継続する「プレミアムマシマシボーナス」に昇格する場合もあるとのこと。

 

えーと……連チャン性能を兼ね備えた、普通に打ってみたいマシンでした。これだけ妄想させていただいたマシンなので導入したら、感謝を込めて光らせる所存であります。

 

パイオニアの『マシマシ』、ホール導入は8月27日から!!

WRITER ウエノミツアキ

ライター

四半世紀に渡ってあらゆる媒体に寄稿してきた、ジャンル不問のフリーダムなフリーランスライター。ここ数年はパチンコ・パチスロ雑誌がメインで、過去には『パチンコ必勝ガイド』系や『パニック7』系、最近は『パチンコオリジナル実戦術』系や『パチスロ実戦術』系の媒体で主に活動している。『パチンコ☆パチスロTV!』などの専門番組にも出演中。