西九条エリアで話題沸騰の「飲める麺処」4選!

はじめまして!

食べること飲むこと大好きな25歳。

大阪の街を月30軒食べ歩くグルメライター大伴ゆめです!

今回は「西九条エリア」の美味しいお店を食べ歩き。駅近で行きやすいスポットから某口コミサイトで人気のお店まで…話題の4店舗をピックアップいたしました。

テーマは 飲める麺処

ラーメン、つけ麺、お蕎麦など…皆さんが大好きの『麺類縛り』でご紹介!お酒も飲める店舗なので、昼飲み、ディナー、仕事終わりにサクッと食事をしたいときにもにもぴったりです。

1:麺泥棒(めんどろぼう)

1軒目は、JR西九条駅から徒歩5分の道沿いに店を構える『麺泥棒』さんです。変りダネの豚骨ラーメンが話題のラーメン屋で、ウワサによると「真っ黒なラーメン」や「黄金のラーメン」があるのだとか。

さっそく入ってみましょう!

注文は、入店時券売機でチケットを買うシステム。
同僚と3名仕事終わりにお邪魔し、

・とんこつラーメン 750円
・こがし(黒)ラーメン 780円
・えびラーメン 800円

を注文しました。

麺のかたさは6段階から選べる模様。

ココはやはり「ばりかた」で。

 

白濁スープがじんわり沁みる!「とんこつラーメン」750円

まずはスタンダードの「とんこつラーメン」(750円)から。

透き通った乳白濁のスープは、余計な脂がなくすっきりした味わいで、旨みはしっかりしているものの、コテコテしずぎない、ちょうどいいバランスです。甘辛く煮詰められた焼豚がまた良いアクセントに!

麺は博多風の細めんで、
ぷつっと食感の残る「バリカタ」がスープによく合います…!あっさりしているので、お酒を飲んだあとの〆にもよさそう。

 

漆黒ブラック!真っ黒に染まった「焦がし黒ラーメン」780円

お次はずっと食べてみたかった「焦がし(黒)ラーメン」です。

ご覧の通り、色は真っ黒。

「これイカスミか⁉」と思うくらいの黒さですね…!

気になるお味は、

ものすごく香ばしい!そして美味しい

焦がしスープをひと口飲むと、焙煎コーヒーのようなビターな風味が口の中でふわっと広がり…コクと旨味がまろやか~に広がっていきます。

味は白よりもこってりとしていて濃厚。

がつんと食べたい、そんなときに持ってこいのパンチ力です。

一度は食べるべき個性派ラーメンに認定!!

 

美しすぎる…黄金色に輝く「えび香味ラーメン」800円

3つめ、これが噂の「えび香味ラーメン」です。

見てください!この鮮やかな黄色、いや、黄金色のスープを!!

目の前にラーメンが現れると同時に、充実したエビの香りがふわーりと漂います。

結論から申し上げますと、こちらの「えび香味ラーメン」。一番、私好みのお味でした。

えび味噌の甘みと旨みがたっぷり詰まった黄金のスープは、とろみがあってクリーミーで、とってもまろやか。深みのあるマイルドな味わいです。

そして何よりえびの存在感がすごい。口いっぱいに広がる濃い味は、いつものラーメンとはちょっぴり違う贅沢感を味わせてくれますよ♪

これはハマる、一押しです!

ラーメン専門店なので、サイドメニューは少ないですが、自慢のチャーシューをつまみにした「ねぎ豚ポン酢」は酒の肴にぴったり。ビールやレモンサワーで、軽く飲んでから、ラーメンを楽しんでもいいかもしれません。〆のご飯ものもあるので、がっつり食べたい方にもおすすめです。

店名

らーめん 麺泥棒

予約・お問い合わせ

06-6462-1887

ジャンル

ラーメン

営業時間

11:30~14:30 17:30~24:00 (L.O.23:45)

定休日

無休(盆と正月のみ)

住所

大阪府大阪市此花区西九条1-20-9

MAP

アクセス

JR西九条駅から徒歩5分

らーめん 麺泥棒の詳細はこちら

 

2.蕎麦 酒菜 お酒 みかど (MICADO)

2軒目も西九条駅から駅近のお店。

徒歩3分の場所にある、蕎麦居酒屋「みかど」さんです。

メインはもちろんお蕎麦ですが、

それだけでなく、日本酒や一品料理にもこだわっている和食料理店です。

ディナータイムはしっぽり飲みに行くのがおすすめの一軒。

夜の価格帯はだいたい3,000~4,000円。沢山飲み食べすると5,000円くらいが目安と思われます。

店内は、ジャズが流れるオシャレ空間。

デートにも彼女を連れて行きたくなるようなオトナっぽさが良い感じ♪

 

日本酒と合う!風味豊かな「黒トリュフ香るつけざるそば」950円

店内のオシャレな雰囲気に誘われ注文した「黒トリュフ香るつけざるそば」。

「まずはお塩でそのまま食べてみてください!」

という若大将のアドバイスに合わせてぱくり。

・・・!?!?

「なにこれ、めっちゃ美味しいんやけど!!」

蕎麦はつゆで食べるものと思っていた私にとって、塩で食べるシンプルな蕎麦は、何とも新しく感動的な美味しさでした。

「みかど」さんのお蕎麦は、厳選した蕎麦の実を石臼挽きにして、毎日丁寧に自家製麺したこだわりの蕎麦。

手作りゆえのぱつっと歯切れの良い食感に、蕎麦本来の素朴な美味しさが感じられました。

とはいえ、自家製つゆをつけて食べるのもまた格別!

鰹と昆布の出汁に、ほんのりトリュフの風味がするんです。

お蕎麦を飲み込んだ後も、口の中にあまい香りが微かに残る感じが面白い。

まさに香り高い、といった感じでしょうか!

 

「炙り京鴨つけざるそば」1200円

相方は「炙り京鴨つけ汁ざるそば」1200円をオーダー。

こちらはお蕎麦を鴨とネギの温かいつけ汁でいただきます。

ちょっと強めの辛つゆに鴨の旨味がたっぷり染み出して、重厚感のある味わいに。

また焼きネギが入っているから、ほのかな香ばしさも増して…実に深い美味しさでした。

そこで、本日のおすすめの日本酒「来福 純吟 いちごの花酵母」800円を。

いちごをイメージしたベリーな香りが特徴のこのお酒。強めの甘みの中に酸味を感じる、個性的な味でした。

和食に日本酒はやっぱり合う!

その他にも、酒の肴が多数。季節もののお造りから「和歌山県産 鰹のタタキ」700円。

ロース、ハツ、レバーを甘辛いタレで味付けた「京鴨のユッケ」700円。

そして、お蕎麦には定番の「天ぷら盛り合わせ」580円。

こだわり満載の逸品は、一つ一つに丁寧に作られていたのが好印象。

作り手の想いがちゃんと伝わってくる心のこもったお料理でした。

西九条にこんな良いお店があるとは驚きです!

店名

蕎麦 酒菜 お酒 みかど (MICADO)

予約・お問い合わせ

06-6460-5750

ジャンル

蕎麦

営業時間

【月~土・祝前日】17:00-24:00
【日・祝】17:00-23:00

定休日

不定休

住所

大阪府大阪市此花区西九条3-11-18

MAP

アクセス

JR西九条駅から徒歩3分

蕎麦 酒菜 お酒 みかど (MICADO)の詳細はこちら

 

3.カドヤ食堂

3つめは西長堀駅近くにある「カドヤ食堂」さん。

西九条から車で8分ほど東に向かった場所にある昔ながらの中華そば屋です。

店内は夕方というのに満席!

…と、言うのも「カドヤ食堂」は某グルメサイトで3.79★の評価をもつ超人気店。

この日は2人待ちで約20分ほど待ちました。

注文は順番待ちをしている際に、店員さんが聞きに来てくださいます。

「中華そば」930円(特選黒豚煮豚トッピング+1200円)

そして、ついに実食の時!

定番メニューの「中華そば」は、食べてみると、みんなが認める理由が分かります。決め手は、きっとスープ。この透き通った色のあっさり系スープがかなりうまい

味が何層にも重なっているというか…あっさりしているのに、じわ~っと染み渡る深い旨味を感じるんです。

「カドヤ食堂」さんのスープは、鶏、昆布、ムロアジ、ホタテ貝柱、鮭節など色々な食材からダシをとっているのですが、産地や品質にこだわりきった厳選素材だということがミソ。

それぞれの素材が互いに良さを引き立てつつ、味はスープの中でキレイに調和しています。

「このダシうまいわ。」と味にうるさい上司も太鼓判でした!

ちなみに麺は細くて柔らかいタイプのもの。

店内奥の製麺所で毎日製麺したものを使用しています。

今回は初めてだしと贅沢して特選黒豚煮豚をトッピングしました。

もう、口の中に入れるだけでトロッと勝手にとろけるお肉の柔らかさといったら、この上ありません…!!!

でも、特選トッピングがなくても中華そば自体が美味しいから充分満足できるかな…?とも思ったり。体験としてはありかもしれないです♪

そしてこちらが私のお気に入り「つけそば」(並)1080円です。トッピングに豚足600円を追加してパワーアップ。

麺はこんな感じ。みてください、この絹のようなツヤを!

うどんのきしめんのように若干平らなストレート麺です。

このツルもち麺を豚足入りつけ汁にドボン。ぱく。

「ぅんま〜!!!」

麺を思いっきりほおばって2秒。

ほんのり甘みのある麺の素朴な風味が広がります。

モチッと生パスタのような心地よい食感を楽しんでいると、

今度はすぐに醤油ベースのスープの旨味が口の中にじんわり・・・。

トッピングにつけた豚足はぷりっぷりで、
豚の脂からもジューシーなうま味エキスがたっぷりと出ておりました。

中華そばもスープがかなり美味しかったけど、わたしが次行くとしたらこの「つけ麺」を頼んじゃうかな〜!中華そばに比べ味が濃いめなので私は絶対こっちが好きだなぁ~。

見たところ「カドヤ食堂」では、毎日がプレミアムラーメンかのような上質な特選食材を使用することにこだわっているそうです。

1つ1つに想いがあるからこそ、美味しさもアップするのかもしれません。

中華そばの単品930円と麺ものにしては値段は若干張りますが、その手間ひまとこだわりを知ったら納得のいくコスパだと思います!

店名

カドヤ食堂 本店

予約・お問い合わせ

06-6535-3633

ジャンル

ラーメン

営業時間

11:00~17:00

定休日

火曜日

住所

大阪府大阪市西区新町4-16-13 キャピタル西長堀 1F

MAP

アクセス

大阪メトロ長堀鶴見緑地線・千日前線「西長堀駅」4-A出口より徒歩3分

カドヤ食堂 本店の詳細はこちら

 

4.チング 九条店

最後は大阪で一番うまい「生麺焼きそば」があると言われるこちらのお店。

九条駅から徒歩3分の焼きそば・お好み焼き「チング」さんです。

当店、他県からもファンが多数訪れるという実力派。
鶴橋の有名店○モニ出身の店主が営んでいるそうです。

店内は昔ながらの鉄板焼き屋といった、
アットホームな雰囲気で気兼ねなくのんびりできる良さがありますよー!

(令和ラベルの瓶ビールで乾杯♪)

まずは早速一番人気といわれる「豚油かす」1050円の焼きそばを食べてみることにしましょう!

オーダーすると店主がカウンター前の鉄板で調理してくださいます。

ジュージューという音が食欲をそそる…!

こうして待つこと数分。

出来上がった焼きそばはこちら!

「見た目はきたないですけど!(味はうまいですよ)」と店主のお兄さん。どれどれお味はいかほどに…?

「100点」

あ、話題である理由がよくわかる。

この焼きそば、麺自身に甘みがあってめっちゃ美味しいんです!!またソースと油かすの旨味が太麺によく絡んで丁度いい甘辛さに。スーパーのソースで作ったものとは違う、コクのある味わいを堪能できますよ。

特注品の生麺は、モチモチとしてるのにぷっつり歯切れはよく食感までもが楽しい。

「この味、人気でるわなぁ」と確信しました。

流れに乗って、イチオシのお好み焼きメニューも追加。

「すじ肉ネギキムチゲソ天玉子のせ」1200円です。

形は手作り感のあるちょっぴりいびつな感じが家庭的。

「でっかい牛すじ発見!」と思えば、さらに大きなイカゲソやキムチが見え隠れするスペシャルミックス玉。荒く刻んだ千切りキャベツは、素材のうまみをたっぷり吸っていて、美味しさをギュッと閉じ込めています。

それらの食材をやさしくをまとめるかのような玉子がまた良い役割を。

リピれる美味しさ、ご馳走様でした!

最後に・・・はじめに食べたあの焼きそばが忘れられなくって、
「うどんはどうなんだろう」と思い「焼うどん海鮮ミックス」1050円を頼んでしまいました。

うん、うどんもうどんでなかなかイケてる。
エビとイカとホタテがもたっぷりで食べ応えも満足!

…だけど、敢えて言うなら、焼きそばの方がおすすめです!(笑)

本当に美味しかったなぁ…。

店名

チング

予約・お問い合わせ

06-6582-9345

ジャンル

鉄板焼き

営業時間

平日 17:00-23:45
土日祝 12:00-23:45

定休日

月曜日

住所

大阪府大阪市西区九条1-14-16

MAP

アクセス

阪神電車九条駅1番出口徒歩1分

チングの詳細はこちら

 

 

以上、西九条エリアの“飲める麺どころ”を4選ご紹介いたしました!

ラーメン、うどん、そば…手軽に食べれる麺は、お店こそ多いですが、どこが美味しいお店なのか分かりにくいもの。とくに大阪なんて「選択肢が多すぎて選ぶのに困る!」という方も多いのでは?

今回ご紹介したお店を皆さんのお店選びにも参考にしていただければ幸いです。
私的にどこも「アタリ」だったので、ぜひ食べに行ってもらえたらと思います(*^^*)

記事の感想やご意見、「こんなグルメ情報教えてほしい」などリクエストがありましたらぜひコメント・メッセ―ジをお願いします♪

WRITER 大伴ゆめ

グルメライター

関西の街を月30軒食べ歩くグルメライター。大阪市内のおすすめスポットを紹介する「おすすめローカル!」こと“オスカル”、飲食人のための「食職コラム」管理人。美味しいモノのためならどこへでも駆けつける、フットワークの軽さは一級品。好きな食べ物は、麻婆豆腐とカレー。