「言うべきことは我慢せずしっかりと伝える」PAT個人賞受賞・西九条店 黒木さんインタビュー

先日、ベラジオコーポレーションでは PAT調査 が行われました。

PAT調査は外部の覆面調査員が店頭で接客を受け点数化するものです。

高得点をだした上位スタッフは、上半期の集会で個人賞を受賞しました。

 

今回はその受賞者である 黒木智也さん にインタビューをしました。

黒木さんは対象となる上半期は西九条店に勤務。入社2年目の現在は異動があり今は人事部で活躍しています。

どんなことを意識し仕事をしていたのか。詳しく伺いました!

 

取材対象者紹介:PAT個人賞受賞者 黒木智也さん

新卒入社後1年目でPAT個人賞の受賞。現在は人事部で活躍する期待のルーキーです。

 

PAT個人賞受賞者 黒木さん流のモチベーションキープ術

 

―― 受賞おめでとうございます。その時は今と違う部署だったんですよね。

黒木:はい、もともと西九条店で一般社員をさせてもらっていました。受賞対象はその当時の成果です。

受賞を目標にがんばってた面もあるので、毎日いい接客ができるように意識していました。

でも人事異動がありましたから、まさかもらえるとは……。

表彰式で「西九条店 黒木智也」と呼ばれたときは「同姓同名の方いたっけ?!」ってぐらい驚きました。

 

――毎日いい接客を……。モチベーションはどうキープしていたんでしょうか?

黒木:同じ店舗の仲間とご飯に行くこと ですね。

僕はパチンコはしないんです。その代わり飲みに行くのはすごく好きなんですよ。

 

アルバイトの方をご飯に連れて行ったりとか、上司の方にご飯に誘っていただいたりとか。

「この日は飲みに行こう」って計画するのもモチベーションにつながっていました。

楽しいって気持ちがあったからこそ今までがんばってこれた んだなと。

 

仕事=我慢じゃない。意見を伝えるからこそ話し合いができる

 

――ポジティブですね! でも確か受賞対象になったのは入社から1年目の成績。最初からそんなにスムーズだったんですか?

黒木:いえいえ! 試行錯誤したことも、人間関係がしんどかった時期もありますよ。

現場で自己中心的というか……、感情的になったときもありました。

 

だけど、伝えるべきことはしっかりと伝えるように貫いていました。

社会人になったら年上も年下も関係ないですから。

もちろん気は使うところは使わなきゃダメですが、我慢するばかりだとしんどくなって結局うまくいかなくなってしまう と僕は思うんです。

 

だから「これってどうなんですか?」って思うことは伝えてみる。

それで状況がよくなったらいいし、変わらなくてもどうにかしたいって考えている現状は伝わりますよね。

言って損はないはずなんです。言わないと話し合いすら始まらない ので。

それができない人達が退職につながっちゃうんじゃないかなって思っています。

 

 

人事異動先でも活きる現場での経験

 

――ちなみに今は人事部に配属されているんですよね。

黒木:はい、とつぜん辞令をいただいて。

今はアルバイトの面接を担当しています。新しく覚えることがいっぱいで大変ですね。

 

――どんなことを意識しながら仕事をされてるんでしょう?

黒木:人員がたりないとか、できるかぎり人の部分で店舗に迷惑をかけないようにしたいなと思っています。

僕らが少しでもいい採用をしたら、店舗の人はスムーズにまわせるようになるのかな と。それを信じてがんばっています。

現場にいたからこそ人がいないしんどさはすごくわかるので……。

会社としても従業員の満足度追求は今の課題です。僕もそこを目指しています。

 

 

夢は海外での勤務。努力を認めてくれる会社だからこそできる挑戦

 

――今後の目標やキャリアプランはありますか?

黒木:今は現場職ではないので個人受賞をもう一度というのは難しいなと。

だからこそ、採用課として少しでも力になれたらいいなと思います。

今は少しでも早く任せてもらえている仕事を完璧にこなしたいですね。

 

黒木:あと入社時にも伝えているんですが、僕は 将来的に海外で働きたい んです。

もともと1年くらい海外に住んでいた時期があって。

ベラジオコーポレーションでは海外でも事業展開をしているんです。

フィリピンのセブ島でカジノを経営していて、主に海外の方をご案内しています。

いつかはそちらの事業の方で活躍したいですね。

 

――ベラジオに入社を希望する就活生へのアドバイスをお願いします。

黒木:どんな業界のどんな会社に入っても、やっぱり人間関係が関わってくる と思います。

なのでコミュニケーションの取り方を学生のうちから学んでおくと、しんどくないんじゃないかと思います。

 

ベラジオコーポレーションに関しては とにかく色んなことに挑戦させてくれる会社 だと思いますね。

僕はまだ入社して2年目ですが、今回のように受賞もさせてもらったり人事に挑戦させてもらったりしているので。

学生さんも色々なチャレンジができるんじゃないかなって思います。

就職活動中の学生さんにもぜひ興味を持ってもらいたいです!

 

 


 

人とコミュニケーションをとることが好きだという黒木さん。

「我慢するばかりだとしんどくなって結局うまくいかなくなる」

「言って損はない。考えを伝えることではじめて話し合いが始まる」

接客だけでなく1人のスタッフとしてプラスになる話をたくさんお聞きすることができました。

PAT調査受賞者へのインタビューは今後も続きます。ぜひ他の記事もあわせて見てみてください!

 

(執筆:鮎川ゆま 取材編集:中馬さりの)

 

EDITOR 中馬さりの

ライター・編集者

旅暮らしするフリーライター。1992年、東京生まれ。高校在学中にライター業を開始。文化女子大学服装学部を卒業後はアパレルメーカーで広報を経験。2016年からフリーライターとして活動を開始。多数のメディアへの寄稿、編集業務を担当中。