「それはベラジオじゃないです」ってどういうこと?業績表彰部門賞銅賞・東十条店 西山店長インタビュー

半期に一度行われるベラジオ社内の決起集会。

前回の 第25回ベラジオコーポレーション2018年度下半期決起集会 でも、それぞれの部門において優秀店舗が表彰されました。

2度目の登場。あと2回登場します。

ここに集まる数々の店舗が目指す賞といえば……!

そう、業績表彰部門賞 です。

 

この業績表彰部門賞は売上・利益や昨年対比、ベラジオが力を入れているSMAP活動など様々な部分を総合したもの。つまりは ベラジオの総合的ナンバー1店舗を決める賞 です。

 

見事に店舗大賞「銅賞」を受賞したベラジオ東十条店。

ストアマネージャー、西山さんにインタビューを敢行。

ベラジオ唯一の関東拠点を任された理由がそこにはありました。

人物紹介:西山さん

ベラジオ東十条店店長。ベラジオコーポレーション唯一の関東拠点を守護する男。

各々の責任を全うしたことで獲得できた銅賞

胸元、光ってますねMVPバッジ。今日はよろしくお願いします。

「よろしくおねがいします。」

(ドヤってへんか?)

この半期は目標を掲げてこられた?

「そうですね。今まで銅賞は頂いたことがあったんですが、銀賞がなくて過去最高の成績を今期のメンバーでということで銀賞を目標に掲げてやっていきました。」

店舗大賞・業績表彰部門:
CS(顧客満足度)、監査、環境整備部門など、6つの部門で計600点満点で半期毎に審査される、ベラジオのNo.1店舗を決める大賞

毎月点数の発表があるなかで、銀賞を意識しながら頑張ったと。

「社員のみんなに各担当に分かれてもらって、指揮系統を明確にして責任の所在は誰にあるのかをはっきりさせました。まあ最終的には僕なんですけれども。○○のことは誰々さんに聞けば100%わかるっていう状態にして、各部門の点数を追いかけました。各々の部署が点数を取りにいってくれた、責任を持ってくれたからこそ上位が取れたんじゃないかなと。」

表彰の前月ではどういう順位で?

「前月、最後で自店が点数落としてしまって…もしかしたら抜かれるかな…と思ったらやはり最後で西九条に追い抜かれてしまったので、ちょっと悔しい結果に終わってしまいました。」

「ベラジオブランド」って言うのはこうやろ

業績点は加味されてるんですよね?

「もちろん加味されてます。営業部なんで。営業としての成績を伸ばすことが一番。」

「とはいえ、接客もできてへんし、職場環境も整ってへんし、ホールぐちゃぐちゃやったらダメですよね。それで例え業績が上がったとしても『ベラジオブランド』ではないですよね。点数が悪くても業績があがったらええねん、ってそれはベラジオじゃない。別の会社の考え方ですね。」

なるほどおおおぉぉ、格好いい。

「オーナーや社長が『挑戦をしなさい』といって失敗したら、叱られますけど怒られない。叱られたら自分の間違った価値観を正してもらえているだけなので、もう1回やり直したらええやん、と背中を押されて育ってきています。それがベラジオでしょうと。」

「ただ『挑戦』って言うものは減ってしまったかも知れないですね。セントラルキッチン方式をフル活用できなかった面もあるかなって。
それは僕にも言える。実は銅賞を頂いた直後、去年の10月から12月の間の3ヶ月間、部下達が(今後の)目標を決められなかった。それは、上期に数字だけを重視して運営してしまったことで、結局そういう部下を育ててしまったのかなと。反省して。ちゃんと育成をしていかないと、本当の意味ではブランドを自分で汚していることになるのかなという風には思っています。」

反省を活かし、春に向けて

次は銀賞いけそうですか?

「先程もちょっと言いましたが、みんなずっと悩んでたんですよ。長い間悩んでて…今は全員同じ方向が向けているかな。」

メンバーで自発的に目標が立てられず悩んでいた

「プロジェクトに関して現場主義の4つの概念を元旦1月1日に、改めて貼り出したんですよ。2年前入社くらいの社員・クルーは『知らない』と言う方が多いです。やっぱりそういった状況ではブランド・理念を守っていくのも難しい。もう一度基本からと言うことで掲示しました。」

「(力強く)まずはこの理念に実直に。それを進める上では、ベラジオブランドの『面白かったらええねん』をやれる人が必要になってきますね。自分も苦手ですけど(笑)そういうことをやっていかなければいけないなと。そうすれば数字は上がると思うので、僕は信じてやって行くだけです。」

「(いちいちイケメンだな)春の決起を楽しみにしています!

『業績が上がったとしても、接客や職場環境が整っていないならそれはベラジオではない』と言い切る西山さん。

ベラジオは2019年、更なる変革期を迎えます。

温故知新。ブランドを守り切りながらも、チャレンジを忘れない一年になるでしょう。

私たちも取材班として期待しています!

おもしろかったらええねん!

WRITER Plus編集長

編集長★

BELLAGIO Plusの編集長。社内の取材をしたり、催事の取材をしたりして記事を書いています。取材同行歓迎!