SMAP活動SMAP活動

SMAP活動名の意味と活動の狙い

ベラジオの本質である「本気」「支援」「謙虚」を体現するもの。それがSMAPです。

SMAP活動は2008年、全店から副店長と熱い志を持った社員が集まり始動しました。単なる社内接客チェック活動ではなく次期リーダー育成や環境整備、チームビルディングなどを兼ねており、ベラジオが一番大切にしている活動です。
現在も、そしてこれからも最重要の活動の1つで、現在の店長の全員がSMAP担当の経験者です。

凡事徹底で本気の環境を作り出します。

凡事徹底とは「当たり前のことをどこにも負けないくらい本気で実行すること」です。ベラジオではSMAP活動を通じて、「相手の気持ちになって挨拶をする」、「誰も見ていなくてもきちんと清掃できる」など凡事徹底によってお客様にとって快適な空間を維持し、社員全員が快適な環境を築き、次なる挑戦への原動力となります。

ベラジオのコア・コンピタンスとしての確立に重要な意味をもっています。

「S」「M」「A」は他社様と差別化する事は難しいですが、この「P=プレゼンテーション」がベラジオの強みで一朝一夕で真似できない接客へと繋がっております。つまりスタッフが自らを売り込む為に考える事。
パチンコ情熱リーグ日本一連覇など接客に関して注目されており、これからもベラジオの強みとして「真似できない非凡な現場」を作る為、継続していきます。

大きな感動と達成感が特徴です。

半期に1回の「決起集会」において、SMAPリーグが開催されます。
この決起集会は全社員、全アルバイト約500人が参加します。その壇上で自分の店舗の取り組みを発表することが出来るのはベラジオグループ19店舗中わずか上位3店舗。舞台に立つ為に1ヶ月以上前から準備します。プレゼンを全力でやりきり、参加者全員の投票で選ばれたSMAPリーグ優勝はなにものにも替え難い感動と達成感があります。