【聞いてみた】パチンコ業界&BELLAGIOへの就職を決めた理由とホンネを聞いてきた!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

パチンコ店って、キツい仕事なんじゃないかな…。 騒音は大丈夫かな…たばこ臭いんじゃない?

パチンコ店で働いてみようって思っても、不安や怖さがあって踏み切れない…なんてことありませんか?

そこで今回編集部は、ベラジオコーポレーションの仲間たちに「何故パチンコ業界を選んだの?何故ベラジオを選んだの?」を直撃インタビューしてきました!

先輩方の赤裸々トークを楽しみにしてください!

 

新卒二期生 黒木さんの場合 ~いきなりまさかの展開~

人物紹介:黒木智也

新卒入社で西九条店に配属(当時)野球が好き。しかしベラジオ野球部には所属していない。何故。

―黒木さん、よろしくおねがいします。早速ですがパチンコ店を志望した理由やベラジオを選んだ理由を聞いていきたいと思います。(若々しくてええのう)

 

「よろしくおねがいします」

 

―新卒という事ですが、学生時代はパチンコ店でアルバイトをしていたんですか?

 

「いえ、全く未経験です。」

 

―なるほど、あるある。じゃあ遊技は?

 

「普段はしません。パチンコもスロットもしません。」

 

―あ、そうなんだ。いきなりの強者。えーとじゃあ、どうしてパチンコ店に就職したんでしょう。

 

「元々は公務員志望だったんです、外国語教師ですね。」

 

(ちょっとまって)

 

「教員免許も持ってます。留学もしていました、台湾とタイ。」

 

―ちょっとまってちょっとまって、就職先は間違えてない?騙されても?ない?

「大丈夫です(笑)」

 

―ホンマかいな。

 

「実は就職先を探すときに一番重視したのは英語を使えるか、英語が学べるかなんです。」

 

―へぇ~…

 

「海外の拠点があって、チャレンジを応援してくれて、英語を活かせる・学べる、って言う企業を探していたら、アミューズメント業界でベラジオがあった、と。」

 

―そうなんですね、トップバッターから仰天な展開で…。

志望の理由:ENGLISH FIRST

―ちなみに他に理由はあったんですか?

 

「人事部の方と交流がありまして、内定前に。説明会で会って、そこから交流が始まって。親しみの持てる会社だなぁって思いました。」

 

―人事部って、倉川さん?

これがウワサの倉川さん

「そうです!結構そこは決め手として大きかったですね。入社前の不安などは全て聞いて頂けましたし、入社後も色々相談に乗ってくださって、感謝しています。」

 

―なるほど。

しつこいようですが倉川さん

―ベラジオを選んで良かった?

 

「はい、アシスタントマネージャーに任命して頂きましたし、とても頑張れています。話に聞いてたんとちょっと違うぞ、ってことはいっぱいありますけど(笑)特に不満とかはないですし。あと、倉川さんと柏谷さん、このお二人に出会わなかったら僕はここにいないです。そういった出会いがあったのもベラジオで、とても感謝しています。」

 

「このお二人と将来的に一緒に働けたいな、って思っています。あとはチャンスがあれば海外に配属されたいです。」

 

―キラキラ☆フレッシュな黒木さん、ありがとうございました!

ぜひ海外拠点に配属して頂きたいですね!そのときは遊びに行きます!(ノリ)

 

社員登用入社 村上さんの場合 ~アルバイトから社員へ~

人物紹介:村上 良

クルーから社員へ移籍をしたフレッシュ社員。遊技はもっぱら4円・20円。

―村上さん、よろしくお願いします。

 

「はい、よろしくおねがいします。」

 

―早速ですが、クルーから社員になった経歴ということなのでまずはベラジオでアルバイトをすると決めた理由はなんでしょう。

 

「求人みてたまたまですね。高時給だったのもあります。」

 

―ですよね、高時給。あるあるです。

 

「で、アルバイト半年した時点で、社員になろうって決めていました。」

―早っ。きっかけはなんですか?

 

「パチンコ店に偏見を持ってたんですけど、元々。『たかがパチンコ店』みたいな。僕がパチンコ打ちに行っても、他の法人様の接客も力入れてないお店もあったり、全然楽しそうに働いてないなあと思って。でもベラジオに入って、ベラジオの風土というかいろんな活動とか、人の温かさと言いますか。それを見て、『あ、ここで働いて行きたいな』って思って、社員に挑戦してみようと思いました。」

 

―中に入ってさらに良さが分かった的な?

 

「そうですね。それまでは僕、いろんな仕事しとったんですけど、ほんまに自己中というか…全く他人に興味もなく、お金さえ稼げたらいいかなっていう考えを持ってた人だったんです。でもそんな僕にも、誠意を持って接してくれる人とか関わりっていうモノを大切にしてくれてる会社で、僕自身も変われたかなっていうのが一番大きかったですかね。あ、本気で関わってくれるってこういうことなんだなっていうところで、もう社員になろうって思いましたね。」

 

―最&高

 

「すごいキレ性やったんですよ、短気というか。すぐイラつく感じで。すぐ顔もでるし。態度も悪いですし。それでも受け入れてくれるのが嬉しかったです。」

志望の理由:ベラジオの風土に共感

―就職するよ、って言うときにご両親はなんて言ってましたか?

 

「母にむっちゃ褒められましたね。『よかったやんけ』みたいな。義父にも「おうよかったやんけ」って。」

―ああ、そうなんですね!良かったです。今後の目標は!?

 

「店長になりたいです!」

 

よっしゃあ!ぜひ頑張って頂きたい!応援してます!

 

中途採用 森岡さんの場合 ~キャリア採用パターン~

人物紹介:森岡 大樹

中途キャリア採用でベラジオに入社。7月に2人目のお子様誕生。打つならやっぱり4円・20円。

―よろしくおねがいします。森岡さんは中途採用ということで。

 

「そうですね。2017年の9月1日に入社です。」

 

―ベラジオ入社前はパチンコ業界?

 

「そうです、某社で(笑)」

 

―業界内の転職と言う事ですね。ベラジオに決めた理由はなんですか?

 

「私ずっと同じ業種でいまして、べラジオの接客とか人と接する感じっていうのが非常に好きで。最前線に立ってべラジオで活躍したいなっていう思いがありまして、はい。こちらに応募させていただきました。」

志望の理由:ベラジオの風土に共感(3分ぶり2度目)

―なるほど。良くパチンコ業界を知っていて、その上でベラジオだ!と言う事ですね。また転職、とかされるんですか?(疑)

 

「いえ、全く考えておりません。」

 

―ほんとぉ~?(疑)

「なんで疑うんですか(笑)」

 

―いえいえ…またチェックに来ますね。

後日聞いたところ、転職や就職に際してご家族や親御さんに反対されたと言う事は無いそうです。『ウチの親は偏見ないんで』とは印象的。ご理解感謝。

 

永年勤続 吉村さんの場合 ~親超反対パターン~

人物紹介:吉村栄子

機械部所属、13年目。バスケットボールと旅行とカメラが趣味。沖縄に永住を考えている。

―というわけで、よろしくお願いします。

 

「すごい、ついで感」

 

―吉村さんは以前永年勤続表彰を受けてますよね、社員で9年。元々はアルバイトで勤務していたんですよね。

 

「そうです、3年くらいクルーで。そこから社員になりました。事務員さんです。」

 

―まずアルバイトしようと思ったきっかけは?

 

「アルバイトしながら、資格取る勉強していました。幼稚園教諭の資格を取る学校に通ってたんですよ。」

 

―恐竜

 

「き ょ う ゆ」

「それで、資格取れたから『や~めよ』って思ってたんですけど、そのときにちょうど『事務員ならへん?』っていう話が出て、めっちゃ悩みましたけど。」

 

―そうなんだ。や~めよがあったと。で、せっかく念願の資格が取れたのに、辞めなかった。悩んで、決め手は?

 

「完全に人で選びましたね。その当時の社長、社員さんとかがめちゃめちゃ好きで。もうそのまま入社してみようって思って。」

 

―ほえ~、せっかく学校行ったのに。

志望の理由:当時の社長・社員が好きで(今が嫌いと言うわけではない)

「親はやっぱり未だに嫌がってますよ。」

 

―そうなんですね、初の親御さん嫌がってるパターンを頂けました。

 

「やっぱり資格まで取ってるから、それを使ってほしいって。最近はそこまで言わなくなりましたけど。 嫌がってましたね。」

―でも仕方ないですね、やりがいとか仲間に恵まれたとか、ちゃんとした理由があるし。

 

「周りの人が、エイコちゃんはどこで働いているの、何の仕事してるのって聞かれたら、OLって言ってるの。」

 

―まあ間違ってはないですけどね。

 

「間違いではないけど、 OL。 まだ隠したいんやなと思って。」

 

―なるほど。でもお仕事も頑張って、旅行にカメラにバスケットに充実してるからいいじゃないですか!ちょっと永年勤続ランチの途中だからこの辺で…ありがとうございました!

 

まとめ

パチンコを打つから、高時給だったから、英語を使いたい、などなど…いろんなホンネを聞くことが出来ました。

職業に貴賎なし!考え方は千差万別ですが、パチンコ業界やベラジオでのチャレンジを迷っている方に、ほんの少しでも勇気を出して頂けると嬉しいなあと思います。

こちらのシリーズはまだまだ継続していきます。先輩社員のホンネを暴きます、次回もぜひご覧になってくださいm(_ _)m

弁天町の景色でサヨナラ

WRITER Plus編集長

編集長★

BELLAGIO Plusの編集長。社内の取材をしたり、催事の取材をしたりして記事を書いています。取材同行歓迎!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア