【社内向け】~SMAPは二度猛る~ 新制・ベラジオ革命の鐘は鳴ったぞ【SMAP活動】

ベラジオコーポレーションの大きな取り組みに、SMAP活動というものがあります。

S

  • スマート
  • スピード
  • スマイル
  • 整理
  • 整頓
  • 清潔
  • 清掃

M「身だしなみ」

A「挨拶」

P「プレゼンテーション」

それぞれの取り組みの頭文字を取って「SMAP活動」と呼びます。あのアイドルグループ名が由来かどうか、恐らく違うでしょうし今となってはどちらでも良いことです。

そしてSMAP活動はベラジオのなかで、最も大切にされてきた取り組みの1つでもあり私たちベラジオマンのサービスマインドの根源といっても良いでしょう。

SMAP活動がベラジオにもたらしたものとは

SMAP活動がスタートしたのは2008年秋。当時は、接客などは重視していなかったベラジオ。

「おもてなし」を始め「本気」「支援」「謙虚」などのベラジオの本質の具現化をもたらし、お客様満足度の向上に貢献しました。

多くの新規出店と成長、ぱちんこ情熱リーグでの連覇など、SMAP活動の成果といえる実績も残してきたのです。

2017年、次代の在り方を目指したベラジオは「環境整備」にフルコミットすることになります。

現場店舗はお客様への営業を第一に考える「セントラルキッチン方式」へと転換

分業体制による品質と基準の統一、それによる「大手とは違った価値観」を目指しました。

新しい挑戦のなかで、「SMAP活動」は呼び名を変え、形を変え、埋もれ、なかにはこんな声も。

「SMAP活動ってどうなってるの?」

 

2019年2月、ベラジオに大きな変化がありました。

環境整備、セントラルキッチン方式を廃止。現場への権限委譲、個店戦略で新たなベラジオを目指します。

そしてSMAP活動の司令部ともいえる『SMAP委員会』を発足しました。

約20名のプレゼンテーションのなかから委員長に選ばれたのは、門真店ストアマネージャー古荘 真也さん。

そこに4名のSMAP委員を加え、5名の精鋭から成る『新SMAP委員会』の誕生です。

 

『第0回SMAP会議』へ潜入しました

3月1日、ベラジオの大会議室には各店舗のSMAP担当者が集まっていました。

4月からの活動開始に向けてキックオフミーティングがあるためです。

いったい、SMAP活動とは具体的に何なのか。

何を目的とした活動なのか。

今回の委員会を始め担当者達は何をしていくのか。

全貌を追いました。

SMAP委員長 古荘さん意思表明

SMAP委員長に選任された古荘さん。選出会議ではどんな想いをプレゼンしたのか。どんな指針を提案したのか。委員長として、はじめて担当者全員の前で話します。

委員長の古荘さん

業績向上の為に現場で何が出来るのか。

私が(SMAP委員長として)提案したのは業績向上を目指す中で『会員戦略』に集中していきましょう、ということです。

 

2008年秋にはじまったSMAP活動。その5年後にはぱちんこ情熱リーグで連覇。半期に一度の決起集会でもSMAPリーグというものがあって、各店舗でリーグ優勝を目指して全力投球してきました。

SMAP活動の取り組みは進化し続けてきましたが、本質の「本気」「支援」「謙虚」など不変なものもあります。

 

お客様第一主義を貫く事を目指し、最高の遊技環境を創りましょう。2020年に向けて、『現場を元気にする』ことを目標にしていきたいと思っています。

ここにいるメンバーがお店のみんなを元気にして、そのみんながお客様を元気にする、お客様をHappyにする。

自分たちが原動力となって明るいお店にする。明るいところに人は集まりますし、元気なお店に人は集まります。

2020年に向けてこの一年間挑戦していきましょう。

過去、第2期のSMAP活動で担当者を務め、2年後にSMAP委員長をさせて頂きました。

大きな大きな自分自身の反省があります。

10年前のことです。お客様を、見ていませんでした。仲間も見てなかったかもしれません。店長にどう見られてるかを気にしてたかもしれません。社長や専務の評価を気にしていた自分がいました。

そういう意味で、自分自身やり残したことがあります。

改めてお客様にとって最高のお店を作っていく、そんな一年にしていきます。

皆様も一緒にお客様第一で臨んでいきましょう。よろしくお願いします。

 

これからどんな活動をしてお客様第一を体現していくのか、それはまだこれからです。

今立っている、ここが私たちの現在地。ここからスタートです。

SMAP委員の意思表明

委員長を支える4人の頼もしい委員達、皆さんの意思表明もご紹介します。

尼崎店 村上さん

私はベラジオに入社してもうすぐ2年が経ちます。社歴も短く経験も浅いです。しかし、SMAP担当者として理念を実践することは若手の私でもできるはずです。

これから始まる新しいSMAP、これは担当者・店長の方々全員の挑戦だと思います。その中で私は委員会を通してこれからも理念実践者として挑戦をし続けることをここに誓います。誰かにやらされるのではなく、自分の意思でお客様を第一に考えて行動し続けることをここに誓います。以上です、よろしくお願いします。

 

江の木町店 中田さん

私は入社して4年目になります。

振り返ると今までは点数ばかりを気にしていました。 そこに(理念の)在り方やお客様はいませんでした。在り方を見失ってしまった自分を見つめ直し、委員として手を挙げました。

お客様の不満を改善し形にしお客様に貢献していく。 お客様第一主義を貫き通すと自分で決めました。

全員が自分たちでやっていくという意思決定をし、全員で行動をしなければ会社全体を元気にするという目標は達成できません。私も委員会として全力でやっていきますので皆さんも全力でやっていきましょう。 以上です、ありがとうございます。

 

本店 古澤さん

SMAP担当を初めてやらせて頂いたのは4年前です。

その当時は一生懸命で無我夢中で、何も考えずにとにかく自分が動くんだという意志でやっていました。

引っ込み思案な僕を変えてくれたのはSMAPでした。

性格は変わらないが考え方は変えられる。垣内エグゼに教わった言葉です。

再度SMAP活動をやることになって自分自身を見つめ直しました。挑戦から逃げない、前に出るときは出る。そういう思いで新しいSMAP活動を作っていきたいです。

そしてもう一つ、謙虚であり続けること。まだ未熟ですが色んな経験をさせていただきました。その中で過去にこだわっている自分や変化を歓迎していない自分がいると感じています。

謙虚であり、学び続け常に変化し続けることに挑戦したいと思います。全力で頑張っていきます。

 

十三店 邨生さん

皆さんご存知の言葉、本気・謙虚・支援という言葉があります。 いつの時代になってもこの3つのSMAPの在り方は絶対に変えてはいけないところです。

しかし、変えなければいけないこともあります。

それは過去のSMAPのやり方です。

過去にとらわれていた自分・チームが・会社があったと思います。

そこを今一度変えていかないと新しいSMAPというのは良いものにはできないと思っています。

皆様で最高のSMAPを作り上げていくためにも、意見を言い合い、共に成長し、ともに実践し、共に分かち合えるような、そんなSMAPを作り上げていきたいと思います。

そのためにも僕自身が本気・謙虚・支援この3つを誰よりも実践していきたいと思います。 よろしくお願いします。

「上長に対しての点数稼ぎだった」

「パフォーマンスにすぎないのでは」

過去の独りよがりだった取り組みを認め、反省して前を向いた私たちは、きっと強いよ。

 

これからのベラジオのお客様第一主義は、この委員会そして担当者、ベラジオの全員で創り上げていくものです。

十分熱い「第0回」キックオフミーティングでした。

これからも活動を追い続けます、みんなで創るSMAP活動にしましょう!

 

 

エクストラステージ

吉田さんの激励です。皆さん、心して読んでください。

皆さんにお伝えしたいことはまず一つ。

ベラジオセントラルキッチン方式は、失敗しました。

失敗した理由として、私自身も現場を見ていませんでした。お客様の方も見ていませんでした。仲間にも気づいていませんでした。

そして SMAP が始まります。 私自身も現場に立ち、改めて皆さんやお客様や仲間の思いというものに、少し気付くことができました。

この失敗を糧に新たなSMAPをみんなで成功させていきたいと思っています。

そのためにSMAP活動に関しては SMAP 担当者のみなさん、委員会のメンバー、皆さんで作り上げてください。

このベラジオを元気にするために、全ての権限委譲をします!!!

 

みんなで作るSMAP にしてください。

何よりもお客様を一番に考えて物事を決定してください。

私たちの顔色を伺う必要は一切ありません。

自分たちで意思決定をしてください。

まずは地域で一番元気で、笑顔で挨拶のできる店を作ってください。そしてそれが全店で出来れば我々ベラジオという会社は、大阪で、一番、元気で明るい挨拶ができる!パチンコホールになります。

もう一度ベラジオが大阪で一番元気な会社だ、そう言われる会社にしたいです。

それを皆さんと一緒に作っていきたいと思っています。

今一度力を合わせてベラジオを元気にしましょう。 よろしくお願いします!

 

(吉田さんの激励、生音源が欲しいベラジオマンはご連絡ください)

 

 

 

俺たちがSMAP委員会だ!

 

WRITER Plus編集長

編集長★

BELLAGIO Plusの編集長。社内の取材をしたり、催事の取材をしたりして記事を書いています。取材同行歓迎!