「どんなことでも、プラスに捉え成長していく」 代表取締役社長 吉田拓明

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

 

「無理を承知で、皆さまに、ご協力をお願いいたします!」

 

過日行われた『第24回ベラジオコーポレーション2018年度上半期決起集会』での閉会の挨拶で、代表取締役社長である吉田拓明はそう結んだ。

 

今期もさらなる組織の変化を起こします!

それは皆さま自身の成長を促すためであり、それが企業の成長に繋がると信じているからです。

大波に真っ向から向かい戦うことが、我々が生き残る、未来への道です。

私自身も成長に向かって、汗をかいて働きます!

 

無理を承知で、皆さまに、ご協力をお願いいたします!

 

 

 

 

 

BELLAGIO Plusをリリースしました

2017年度、色々なことがありました。良いことも、悪いことも、皆それぞれにありましたね。

どれほど汗を流したでしょうか、どれほど涙を流したでしょう。

そしてどれほど、笑顔で支え合ってきたでしょうか。

 

2018年度も、私たちは前を向き!変化と進化を続けていきます。

活動の一環としてこの度、ウェブサイトをリニューアルしました。

 

「BELLAGIO Plus」(ベラジオプラス)

 

いままでの私たちのコーポレートサイトとは全く違う、よりベラジオを「オープンにする為」のウェブメディアとして、生まれ変わったのです。

 

 

 

隠す必要は、何もありません―。

『BELLAGIO Plus』を立ち上げるにあたり、社長や担当者たちと入念な打ち合わせを何度も行いました。

―何を目的とするのか。

―誰に向かって発信をするのか。

―どこまで社内のことをオープンにしていくのか。

 

まず頂いたのは、なにより力強い後押しでした。

「隠すことなど、何もありません。隠す必要も、全くない。私たちの全てを、たくさんの人に知って頂きましょう!」

 

 

 

私たちはやり遂げられます。

無理を承知で私たちは突き進み、そして打ち勝つ力を持っています。

今までも、私たちは「無理だ!」「出来っこない!」をいくつもいくつも覆してきましたね。

 

YES I WILL !

 

新しい挑戦の始まりです!

 

 

 

 

 

ベラジオコーポレーション、情報発信はじめます。

―それでは、ちょっとお話をお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。

 

よろしくおねがいします。

 

―まず、何故BELLAGIO Plus(ベラジオプラス)を始めようと思ったのですか?

 

やっぱりまずは、「ベラジオで働いていて良かったな。」とみんなに思ってもらえるためのES(従業員満足)として、と言う意味が大きいですね。毎日働いていても、社内のこと全てが分かるわけではないですし、常にこうして発信することで、ビジョンの共有や方向性の確認をしながら、よりよい会社にしていければ、と思っています。

そして、これから我が社に入社する方達、未来の仲間達に向けて、この会社はどんな会社なのかを知ってもらえるチャンスになると。

ベラジオにご来店頂くお客様にも、私たちはこういうことを頑張っています!と、しっかりお伝え出来ると言う機会になることも嬉しく感じますね。

 

―BELLAGIO Plus(ベラジオブラス)に込めた願いや想いというのは?

 

これから色々なことを、ベラジオにプラスしていきましょう!と言う想いです。パチンコ業界に対しても、こういった私たちの挑戦を通して何かしらのプラスになれば良いなと思っています。

 

―出会いと挑戦の時期ですが、新入社員さんが入社されますね。何かメッセージはございますか?

 

そうですね、10年20年後に、自分が社長になるつもりで頑張って欲しいなと思います。そして、そういう企業だと思っていますし。

そういう、大きな夢を持って頑張って欲しいですね。

 

―逆に、今いる社員やクルーの皆さんにこのBELLAGIO Plusをどう使っていって欲しいですか?

 

なんでもプラスに捉えてやっていってほしいですね。組織が変わるとか制度が変わるとか、色々ありますが、会社も色々な変化をしますし、お客様も変化をします。ライバルも変化をする中で、どんなこともプラスに捉えて行動する、ということが非常に重要で。

自分の思い通りになること、なんて基本、まず無いので。だからこそ、ままならないこともプラスに捉えて頑張って欲しいなと思いますね。

僕だってままならないことだらけなのに(笑) そんなの社員もみんな一緒だと思いますし(笑)

 

 

 

 

 

出店が「地域貢献」というモチベーション

―先日の決起集会で、今後ベラジオコーポレーションはどうあるべきか、と言うお話を頂きました。地域に愛される、地域に根ざす、とは具体的にどういったことなのか、お聞かせ頂けますか。

 

我々が出店しているロケーションっていうのは、基本的に「居抜き物件」なんですね。一人のお客様もいなくなった箱の中に入っていって、そこにお客様を再度来て頂けるようにしていく。

って言うのがもう、地域貢献だと思っているんですね。

 

―なるほど。

 

まあいわゆる、廃墟。この廃墟に、果たして本当にお客様が来てくれるんだろうか……、って言うリスクを背負いながら我々は出店しているんですが。オープンして『たくさんのお客様に来て頂けるようになった』、もともとゼロだったお店にこれだけお客様が集まる、それが町おこしや地域貢献、活性化になっていると思っています。

だから我々は出店しているんだ!と。その代わり我々が出店できるスペース、場所って言うのは限られているんですけど。駅前とか、商店街の中とか、を中心にやってきたんですが。

そういう中で明るく元気に接客することで、「あの店に行けば、元気をもらえるね」って言ってもらえれば…それが逆に我々のモチベーションになっていますしね。

 

―逆にパワーをもらえていると。そういうことって、こうやってお話させてもらわないと普段は聞けないことですね。

 

 

 

取得率100%目標の……

―ちょっと話は変わるんですけど、決起集会で発表された『今期は取得率100%目標』っていう…

 

有給ですか?

 

―そうです。100%目標!って明言するのはなかなかアレだなって思うんですけど(笑)

 

もちろん人件費はかかるんでしょうが、しっかり制度を使ってもらって体を休めてもらう。しっかりお休みを取って、いろんな経験・体験をしてもらう。その結果、離職率が下がるっていう方が会社的にはプラスだと考えています。

今で有給取得率は40%くらいなのですが、有休を取りにくい雰囲気はなくなってきているとは思っています。

 

―課題としてはどんなものがありますか?

 

そうですね、仕事のスケジュール管理が……という声はよく耳にします。

属人的な業務の組み立てや振り分けがまだ会社の中にはあるので、そこをなんとかしていこうとは思っていますね。

 

―ベラジオセントラルキッチン方式ですね。

 

そうです。

 

―前期から試行錯誤してこられた。多少の混乱もありつつ、少しずつ前に進んでいるといった印象です。ここについては、改めてお時間を頂いてお話をお聞かせ頂けると嬉しいなと思います。

 

はい、わかりました。

 

―今日はありがとうございました!

 

 

 

 

BELLAGIO Plus! 始動します!

これから私たちは、このメディアを通して社内の様々な取り組みや、働く仲間たちのこと、パチンコ業界内外のことなど、幅広く皆さまにお伝えしていこうと思っています。

 

 

 

を合い言葉にこのメディアは育っていくでしょう。

 

応援、何卒よろしくおねがいします!

 

 

 

photo:ニシキドアヤト(@art_0214)

WRITER Plus編集長

編集長★

BELLAGIO Plusの編集長。社内の取材をしたり、催事の取材をしたりして記事を書いています。取材同行歓迎!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア