社内恋愛カップルでゴールイン!結婚する場合の注意点やビジネスマナー

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

社内恋愛の末、みごとゴールイン! 結婚し家庭を築くふたりもいると思います。

でも社内恋愛のふたりからすれば、いざ結婚式を挙げるとしても、主賓をどうやって選べばいいのか誰に挨拶をお願いしたらいいのか、迷うことも多いでしょう。

ここでは 社内恋愛カップルがすてきな結婚式を行うために、おさえておきたいポイントやマナー を紹介します。

せっかくふたりが出会うきっかけになった職場。これからも良い関係を維持するため、基本をおさえて素敵な結婚式を挙げましょう!

 

社内恋愛カップルは結婚式で誰まで招待すべき?

 

まず、社内恋愛カップルは結婚式にどれくらいの関係までを招待すべきでしょうか。

全員を呼べれば楽ですが現実的ではないですよね。

実際には結婚式の規模やメインになるゲストの層、所属する部署や店舗の規模で決めます。

 

小さい部署や店舗に所属している場合

 

10人から15人程度の小さい部署や店舗に所属している場合は、全員に声をかけるのが通常 です。

予算的な問題で全員を呼ぶのが難しければ、それぞれの上司だけでもOKです。

 

そもそも同じ店舗の社員同士で結婚するなら、店のスタッフ全員を招待してしまうと結婚式当日の営業がまわらなくなってしまいます。

数名だけに声をかける場合は、「予算的にも親族の意向としても小規模に行いたいので」「全員を招待したいがその日の営業に迷惑はかけたくないので」などと、正直に上司に相談しましょう。

状況の説明をしっかりして、上司を呼ばないなどの不義理なことさえしなければ失礼にはならない ので安心してください。

 

大きい部署や課に所属している場合

 

大きい部署に所属していて全員に声をかけるのが難しい場合は、グループ単位で声をかけるように意識しましょう。

例えば、営業部1課に所属している場合。営業部全体だと人数が多すぎるなら、1課のみに声をかけるのが筋です。

 

とくに新郎が本社勤務で新婦が店舗勤務など所属している部署が明らかに違う場合、社内恋愛カップルでもお世話になっている相手はかぶらず人数が増えます。

新郎新婦のどちらかのゲストが多くなりすぎるのは不自然 ですから、大きい部署に所属している方をグループ単位で縮小。グループ以外に声をかけるのであれば、誰から見ても仲の良い同期などに限定しましょう。

大事なのは、第三者目線から見ても納得できるよう、上司は必ず声をかけること です。

 

義理での招待は誰にもメリットがありません

 

職場関連の人に声をかける場合、義理での招待は誰にもメリットがありません。

招待された側は断りにくく出費がかさんでしまうし、招待した側も変に気を使ってしまいますからね。

同期や先輩は仲間とは言っても仕事ベースの付き合いだとみんなが把握しています。

そういった 義理立てはせず、目上の人(上司)に敬意をはらうのが社会人としての振る舞い です。

 

結婚式はあげるが職場の人は招待しない場合

 

せっかくの晴れの日ですから、招待客が増えたり上司に気を使ったりするのがストレスであれば、無理して職場の人を呼ぶ必要はありません。

そもそも身内だけで行う場合や海外での挙式では、社内結婚であっても職場の人を招待するのは難しいでしょう。

 

もし職場の人を招待しない場合は「身内だけで行う」「親族の意向もあり海外で挙式をする」といった当たり障りのない理由を伝えればおかしなことは何もありません。

絶対に避けたいのは、職場の中で呼ぶ人と呼ばない人が出てきてしまうこと。親族や幼馴染などの近しい人であれば別ですが、そうでもない限り社内で上司をさしおいて特定の誰かを呼ぶのは失礼です。

これだけを避ければ身内だけで式をするのは普通のことです。堂々としていましょう。

 

結婚式をしない場合の対応は

 

結婚式をしない場合は、結婚報告と共にそのことをしっかりと伝えましょう。

今は結婚式を挙げないのも一般的ですから、堂々としていることが肝 です。

職場内の結婚であれば、式だけでなく今後の育休や産休などの相談も今後せざるを得ないことです。

あくまでひとつの報告として、しっかりと上司に伝えましょう。

 

社内恋愛カップルの主賓について

 

職場恋愛カップルの場合、主賓を何人、誰を呼ぶのかも迷いどころですね。

結論からいうと、主賓はひとりでもOK です。

同じ会社に勤める新郎新婦の場合、それぞれが同じ人にお願いしたという意味で主賓がひとりなのはよくあるシチュエーションです。年配の方でも違和感をもつ人はいないでしょう。

主賓の方も「新郎新婦が同じフィールドで切磋琢磨し……」などと暖かい挨拶がしやすくなりますね。

ゲストも新郎のことも新婦のことも深く知る相手なのだと感じますし、思い当たる方がいるのならぜひお願いしましょう。

 

もちろん2人でもOK!その場合は事前に相談を

 

もちろん部署や支店が違う場合やそれぞれ別に思い出のある方がいる場合は 主賓が2人いてもOK です。

ただしその場合は、それぞれの主賓にもう片方は誰に頼んだのかを伝えるのがマナー です。

当日に顔を合わせてびっくり……というのは失礼ですからね。

 

また、主賓の挨拶の順番もふまえて、役割のうちあわせもしておきましょう。

通常は新郎の主賓のあとに新婦の主賓が挨拶をします。でも同じ会社から2人に声をかける場合、身分に対して順番がちぐはぐになる可能性があるからです。

例えば、新郎が店舗勤務で、新婦が社内勤務だった場合。いくら新郎の主賓から先に挨拶するのがスタンダードとはいえ、新婦の主賓の方が明らかに上長だとみんなが気まずい思いをしてしまうでしょう。

(営業部長と経理部長など分野がちがう部署の上長であればいいですが、店長とエリア部長といった役職の場合、ゲストから見ても上下関係がわかってしまいます)

 

どちらの主賓も新郎新婦の大切なゲスト。なので、もし後に挨拶する主賓の方が目上の場合、乾杯の発声もお願いするなどしてバランスをとりましょう。

こういった役割のうちあわせもありますから、やはり 主賓を2人呼ぶ場合はもうひとりが誰なのかを必ず伝えましょう。

 

社内恋愛の報告はみんなにとっても嬉しいもの

 

同じ社内でがんばるふたりが結婚するのは、職場のメンバーからしてもとても素敵で嬉しいこと。

礼儀さえ守れば、みんな優しい気持ちで祝福してくれるでしょう。

しっかりと報告を終えて、暖かい家庭を築き、仕事もプライベートもより充実させていきましょう!

 

 

(執筆:鮎川ゆま 編集:中馬さりの)

 

EDITOR 中馬さりの

ライター・編集者

旅暮らしするフリーライター。1992年、東京生まれ。高校在学中にライター業を開始。文化女子大学服装学部を卒業後はアパレルメーカーで広報を経験。2016年からフリーライターとして活動を開始。多数のメディアへの寄稿、編集業務を担当中。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア