とある日のBIU研修、経営トップセミナーの様子。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

トップが示す方向性やビジョンを共有し、やりきる。

よそ見をせずに、前だけ向いて駆け抜ける。

言うは易いのですが、どれだけの企業がやり抜けているでしょうか。

 

ベラジオコーポレーションでは、大きな理想とビジョンを掲げています。

実現するためには、言いっぱなしでは終わりません。

働く一人一人に、しっかりとトップが直接ビジョンを伝える、共有する。

そんな『経営トップセミナー』の様子をおつたえいたします。

 

 

4月某日、本日は「BIU研修」が行われています。5班に分け、全社員が受講できるように配慮がされたプログラムの4班目です。

本日の進行、午前中に「環境整備とはなんぞや」「なぜ環境整備をやるのか」をじっくり勉強させて頂きました。

午後一発目は、社長の吉田さんによる「環境整備なくして利益なし」「CS、ESの徹底について」の講話を頂きます。

これからわたしたちはどんな歩みをしていくのか、楽しみですね!

 

環境整備なくして利益なし

私からは決起大会のお話、もうちょっと細かく1時間程度させていただければなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

決起大会でもお話ししましたけど、「環境整備なくして利益なし」ということ。

まず環境整備を徹底してくださいとお伝えしています。

日々の環境整備を必ずやるということです。

斜線を引いちゃ駄目だよということ。出勤してるのに、斜めに斜線を絶対に引かないようにということです。

徹底してやる、の意味は「異常なほどやる」と先ほど教わりました。

これが今期の数字ですね。2017年度の数字です。そして2018年度の営業目標。

儲かってますか?

2017年は目標の経常利益は達成できました。しかし、売り上げは下がっています。減収増益ということですね。

 

では、売上が下がって利益が上がってるっていうのは、会社にとって良い状況か悪い状況か、どっちだと思います?

良くないですね。

売上っていうのは、会社の将来性です。売上を上げるというのが我々の仕事です。目標売上に届いたか届かないか、この利益に届いたが届かないかっていうことが、日々の仕事の成果です。ですので、この数字というのを、皆さんにはきちんと理解していただきたいと思っています。

 

売り上げは下がったのですが、現場人員の整理整頓を実施した結果人件費は大幅に落とすことが出来ました。

注目して頂きたいのが、「教育研修費」。2016年の1,300万円に対し2017年は6,500万円と大幅に増加。

2018年度も同様に、6,500万円と計画しています。(※上写真、大胸筋下付近参照)

 

就活中の学生諸君に声を大にして言いたい!こんなに教育研修費使ってくれる会社あるかなあ!いや!ない!ベラジオの他にはない!(暴論)

 

ステマが終わったところで←

 

売り上げを上げるために、具体的に何をするんだと。徹底したCSの追求と徹底したESの追求です。

顧客満足・従業員満足、両方の追求が必ず利益をもたらすと、信じてやっていきたいと思います。

 

ではCSの向上に対し具体的にどうしていくか。ベラジオのセントラルキッチンというやり方ですね。

現場の人たちは、接客に8割時間を割く。

今までやってた店長業務などは本部で全部やりましょう、ということを目指してます。

そして、大手のパチンコ店とは異なる価値観を見出していこうというのが狙いです。

店長にはいま、接客研修などもうけてもらっていますが、CS・お客様満足度を上げるための接客・接遇にしっかり時間を使うと言うことです。

 

もうひとつ、ESの追求ですね。

皆さんがこの会社を「いい会社だな」と思えないと、お客様にこの会社いい会社ですよっていえませんよね。

まず、皆さん自身が仕事にやりがいを持てる会社にする、と言うことを掲げています。

 

お客様満足と従業員満足と言う意味のCSとES。接客業をはじめ、私たちのパチンコ業界でも一般的に使われるようになってきています。

しかし、徹底してやり切るという視点から見るとどうでしょうか。多くの企業が出来ている、とは言いがたい現状です。

こうして経営トップが全員の前で明言するということは、会社も当然本気です。私たちも本気でついて行けるよう、頑張りましょうね。

 

組織診断から見る、強みと弱み

以前インターネット上で従業員に実施した、「グレートカンパニー診断」の結果を見ながらディスカッションに備えます。

我々の会社を、皆さん自身がどう思っているのかディスカッションしてください。

我が社の強み弱み、皆さんでお話ししていただいて、テーブルごとに代表一人に発表して頂きます。

 

―女性活性化に力を入れてる、手当が充実しているところ、ここが強みかなと思います。弱みとしては、定年退職後も働ける環境がないところ。

―研修、教育の環境が充実していて、目標となる上司が多いところが強み。弱みとしては、部署をまたいで協力し合う風土がなかったりとか、良い事例を共有するということがなかったりとか、自分の意見を言える雰囲気でないということから、そういったルールの整理がまだ追いついてきてないのかなと感じております。

―目標となる上司がいるというところが圧倒的に強み。その反面セクハラとかパワハラがおおく起こりうるところが弱み。

―強みに関しては、賞与などの報酬面。あとは理想の上司、目標になる上司がいるという点。弱みに関しては、部署間の関係性であったりとか、働きやすい環境づくりが未整備な部分。

 

様々な項目に対してのアンケート結果から強み弱みを見ると、「グレートカンパニー水準」の分野もあれば、てんで弱い分野もある。そんな印象です。

半年ごと1年ごとの測定で、少しずつでも数値が改善されていくことを信じて進みましょう!

 

「さん付け」で呼ぶ

先日から取り組んでいる「さん付け」ではどうですか?コミュニケーション不全を解消して、パワハラなどを防ぐと言う目的があるんですが、印象など変わりました?

  • 上司の方とは、ちょっと距離が近づいたなっていう感じ
  • 部下とかにさんづけをすることによって、 ちょっと距離を感じてしまう
  • さんとつけて呼ぶことがなかったので、良い意識をする方に繋がってます
  • 言葉に気をつけるようにはなった

プラスの意見も、距離を感じてしまう、と言う意見もありました。

今後も、柔らかい発言になるよう、徹底していただければなと思います。

 

ES推進の理由について

社員、クルーが辞めない会社。満足度の高い会社を作っていこうというのが、今回のESを推進する理由になります。

では離職率はどうなっているかというと…

減少しています。

例えば教育研修費を4倍にしたとか、有給取得100%目標ですとか、禁煙手当15万円へ増額ですとか、色々な取り組みの結果だとも思います。

 

その他ES推進施策についてご紹介!

永年勤続表彰というものが再開されるそうです。

それってなんぞや、↓↓参照!

ただし!この旅行券、売却できません(笑)

JTBさんから連絡くるみたいです。気をつけましょうね…。

 

クルー(アルバイトスタッフ)さんへのES推進施策も充実しています。

昇給制度の整備はもちろん、注目は「紹介制度」

紹介で5万円ももらえるなんてネ申かな。それとも怪しい…?

じゃなくて、求人広告や媒体にお金を払うよりは、働いてくれているみんなに還元できた方が良いよね!という理由だそう。納得。

 

女性の活躍できる職場を目指す!ということで女性採用も力を入れています。

来年再来年で10名ずつの採用が必要…と。これは頑張らないといけませんね。

 

色々な制度、ES施策を紹介しました。では、制度が良ければ人は辞めないのか。そういうわけでもありません。

会社を辞める理由、7割ほどがコミュニケーションが原因だという風にいわれています。

では、どうやってコミュニケーションを図るか、不全をなくすかと言ったことも大きな課題です。

まずはEG。これを、クルーの皆さんにも受けて頂きます。

そしてチャットワークやiPadを使ったIT化。非同期のコミュニケーションも併用することで、連絡が取りやすくなると考えています。

感謝の気持ちを可視化する、ありがとうカードもスマホにインストールして、紙を書かなくても良いようにします。

時代の変化についていく、そしてコミュニケーションを活性化してゆく。こういった施策、しっかりやっていきますよ。

 

環境整備のブラッシュアップも

最後にお話ししたいのが、環境整備のレベルアップをしていきましょうということ。

物的環境整備を今やっていただいてます。

物の位置を決めましょう、向きを決めましょう、数を決めましょうというのがこの物的環境整備。

で、人的環境整備というのは、挨拶の仕方であるとか一礼の仕方であるとか、そういったものをきちんと整えましょうというものです。

最終的に、情報の環境整備というのをやらない限り、業績には繋がりませんと言われてます。

環境整備やっているのに、全然結果や成果が出ないと思っている人がいるかもしれないですけど、今は第一歩です。

目で見てわかりやすいものからやりましょうというのが、この環境整備。簡単なものからやるそうです。成果が出ることからやりなさいということです。

そして、情報環境整備をやっていくのが本来の目的であります。

 

情報の環境整備というのはプロセスの管理ということです。

プロセスの管理とは、項目、手順、時間を揃えていくこと。それによって時間が生まれますということです。

例えば同じ仕事をするのに、1時間でやる人1時間半でやる人2時間かかる人っていますよね。

そこをそろえることによって、時間が生まれますよね。その時間を、お客様に使いましょうっていうこと。

是非今後、時間というものを意識してください。

30分かかっていたものが10分で出来るようになった。それって成果です、成長です。

時間意識を主にした仕事の仕方をしていただけると、どんどんレベルが上がっていくと思います。

ぜひ今期はこれに取り組んでいただきたいなと思っていますので、よろしくお願いします。

環境整備やCSとESの追求、点で話を聞くと「なんでそんなことをしなければならないんだ」と思った人も多いと聞きます。

しかし、全社員に対してこのように研修会があり、「何故こうするのか」を説明して頂けたらしっかり納得して頑張れますね。

ベラジオがグレートカンパニーと呼ばれる日も、そう遠くないのかもしれませんね。

 

皆様BIU研修受講、お疲れさまでした!!

 

 

 

 

 

 

永年勤続表彰受賞の皆様!

これからもベラジオに力を貸してください!

 

WRITER Plus編集長

編集長★

BELLAGIO Plusの編集長。社内の取材をしたり、催事の取材をしたりして記事を書いています。取材同行歓迎!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア