梅雨時ものりきる!ビジネスパーソンなら意識したい4つの臭い対策

湿気が多い時期に気になる 香り問題。

いくら身だしなみに気をつけていても、嫌な臭いが漂ってしまえば印象は最悪。

「あの人、なんか臭いが……。」なんてウワサされているかもしれません。

とはいえ、体臭や衣類の臭いは自分じゃ気がつかないことも多いです。

そこで今回は ビジネスパーソンなら意識したい4つの臭い対策 をまとめました。

 

今日からできる4つの臭い対策方法

 

今回ご紹介する4つの臭い対策方法は以下の通りです。

  • 朝晩、体を洗って清潔に保とう
  • 香水は微香料もしくはコロンを選ぼう
  • 洗浄力のある洗剤を使おう
  • 脱水後はすぐ干してしっかりと乾かそう

それぞれ詳しく説明していきます!

 

朝晩、体を洗って清潔に保とう

 

臭いのもとは体から排出される雑菌。

なので、朝晩どちらも体を洗って清潔に保つ だけで臭いはかなりケアできます。

汗腺の多い脇や背中、足の裏、頭皮などはしっかりと洗うようにしてください。

そのときに柿渋、ミョウバン、緑茶エキスなどの体臭予防成分が入った石鹸を使うと、より効果が期待できますよ。

 

それでも臭いがキツイ気がする方や汗をかきやすいタイプの人は、下着を小まめに変えてみましょう。

下着は汗を吸い込んでくれますが、そのぶん雑菌も繁殖しやすいのが難点です。

新しいものに変えるついでにウェットティッシュなどで一度汗を拭きとると、気持ち的にもさっぱりとするのでおすすめです。

 

香水は微香料もしくはコロンを選ぼう

 

気にするあまりやりがちなのが香水などで香りを上乗せしてしまうミスです。

もとの臭いを上書きできるほどキツイ香水は、そもそもビジネスシーンには不釣り合い。

悪臭と混ざるとなんともいえないキツい香りになってしまうこともあります。

臭いは打ち消すのではなく、あくまで弱める意識でいましょう。どうしても使いたい場合は 微香料 のものを選ぶのがベストです。

 

香水は持続時間や香りの強さで3つの種類に分けられています。

  • パルファム
  • オードトワレ
  • コロン

1番香りが強いのはパルファム、次がオードトワレ。1番弱いのはコロンです。

この呼び方は商品名で使われていることも多いですし、店員さんも使っている共通の言葉です。

今から香水を使い始めたい人は、ぜひ店員さんに「ビジネスシーンでも使えるコロンを探している」と伝えてみてください。

 

あくまで、電車や会議室、店内など、オフィシャルな場所で1番いいとされているのは無臭 です。

香水を付けるばあいは自分が思う以上に控えめにしましょう。

コロンであっても出かける前や昼食後に使う程度にとどめたほうが印象がいいですよ。

 

洗浄力のある洗剤を使おう

 

衣類から漂う香りにも十分に気を付けましょう。

洗濯はもちろん必須ですし、洗浄力のある洗剤を選ぶようにしましょう。

殺菌力や消臭力をウリにしているものもあるので、試してみてください。

金銭的、時間的に余裕がある人はクリーニングを使うのもいいですね。

 

それでも臭いが減らない場合は、少量ずつ洗うように意識 してみましょう。

洗濯物の汚れも放置すればするほど落ちにくくなります。

たっぷり量が貯まってからまとめて洗うより、小まめに洗った方が臭いは発生しにくいですよ。

 

脱水後はすぐ干してしっかりと乾かそう

 

洗濯が終わったら、しっかりと脱水。そのあとは すぐに干して乾かしましょう。

濡れた状態の衣類を閉じ込めておくと菌が増殖して臭いの原因になります。

生乾きの臭いはなんともいえない悪臭ですよね。

せっかくの洗濯を無意味にしないためにも 干して乾燥させるまでをセット で行いましょう。

 

ちなみに、生乾きの臭いが発生してしまうのはクリーニングでもあり得ることです。

クリーニングから返ってきた衣類はビニールカバーがかかっていますよね。

実はそのカバーをかけたままで放置すると湿気も一緒にキープしてしまう危険があるんです。

クリーニングから受け取った衣類はビニールからだして、中の湿気を完全に追い出すようにしてください。

 

嫌な悪臭の原因はなに?

 

体臭による悪臭の原因は、汗や皮脂などの汚れがほとんどです。
なかには加齢臭やストレス、ダイエットなどによる食生活の乱れが原因の場合もあります。

でも、これらはだんだんと悪化していくもの。ワキガなども一年を通して悩むものですし、汗をかいているからだと自覚があるでしょう。

 

梅雨が始まったとたん臭いがきつくなったり特定の1日に悪臭を感じたりした場合は、汗の対策ができていことや、汚れが落としきれていないことを疑いましょう。

その場合はとにかく清潔に保つことが最優先なので今回ご紹介した対策が有効です。

その日のうちに試せるものばかりだと思いますから、ぜひ実践してくださいね。

 

香りのケアもビジネスパーソンとしてマナーのひとつ

 

服装や髪型、言葉使いなどビジネスパーソンとして意識したいマナーはたくさんあります。

なかでも香りのケアは五感に訴える大切な部分ですし、周りの人が注意しにくいぶん自分で気をつけたいポイントですよね。

湿気が多い時期や汗をかきやすい季節はキープするのが大変かもしれません。

だからこそ、ケアしているかどうかで印象の良し悪しに差がつきます。

歯を磨いたり入浴したりと同じように、毎日のケアとして意識してみてくださいね。

 

(執筆:鮎川ゆま 編集:中馬さりの)

 

EDITOR 中馬さりの

ライター・編集者

旅暮らしするフリーライター。1992年、東京生まれ。高校在学中にライター業を開始。文化女子大学服装学部を卒業後はアパレルメーカーで広報を経験。2016年からフリーライターとして活動を開始。多数のメディアへの寄稿、編集業務を担当中。