ウエノミツアキの『パチンコ&パチスロ業界ニュースタイトル妄想記』 第3回

パチンコ&パチスロのニュースで「ん?」となるタイトルを見かけたら、ついうっかり妄想してしまうクセをそのまま文字にするコラム第3回目は、8月下旬くらいに目にしたこちら。

 

マルホン工業 新機種「CRシャカリーナVV」発表

 

有り体に言えば……

 

「またやりやがったな、マルホン」

 

である。

 

名前からして近年のマルホン代表機種である『CRシャカラッシュ』シリーズであり、語尾のリーナは間違いなく『バレリーナ』であろう。

 

そう、1991年に平和が発売した大ヒット機種『バレリーナ』を茶化した、改め、“シャカ”したマシンであろう。ほぼほぼ、間違いなくね……ん? 「それってオマージュ系っていうか、リスペクト系っていうか、インスパイア系ってこと?」だって?

 

否! パクリ!!

断固! パクリ!!

 

パチンコ歴の長い方なら覚えているだろう。1990年代のマルホンの羽根モノを。

どう考えてもうちのポチ系な『エンジェル』とか、マジックなカーペット系の『スーパーゴルフ』とか、魔界な組に属するであろう『ラッキーボーイ』とか。そう……

 

マルホンと言えば、パクリ。

パクリと言えば、マルホンである。

 

ん? 「そんなことを言ってマルホンに怒られないのか?」だって?

昨年発売した『CR沖7』のメーカー公式特設サイトを見ていただきたい

 

思いっきし真似ホンと書かれてますからっ!

「これぞ真似ホンの真骨頂!」とまで書かれてますからっ!!

 

過去の所業を自虐的に受け入れ、開き直って売りにしてしまっている。

恐らく2015年に民事再生手続きが開始される事態に陥ったことで、なりふりフリフリダービーをかまっていられなくなったのであろう。

「もう思い切ってヒット機種の真似をしちゃおうぜ! それが俺らマルホンのお家芸じゃないか!!」と会議で誰かが叫んで盛り上がっちゃったことが容易に想像できる。

 

結果、パチスロで人気の沖でドキドキなマシンそっくりに作られたのが『CR沖7』であり、同じくパチスロで長年に渡ってシリーズ化し続けている華&華に見た目がクリソツなのが『CRAカナカナ with 桃乃木かな』であり、ギャンブル系大人気漫画でメインテーマとなっていた一発台の特徴をそのまんま乗っけちゃったのが『CR天龍インフィニティ』である。

 

そして今回は『バレリーナ』。

 

今まではパチスロや漫画で登場した架空の台だったから怒られる可能性も低かったけど、他メーカーの、しかも大ヒットしたパチンコシリーズのパクリはマズいんじゃないの?……って言ったら、こう返してきそうである。

 

「2009年のデビューから何年にも渡って愛され続けてきた『シャカ』シリーズでのリリースですから、ウチの本気度はわかってもらえるでしょう!」

 

うん。知らんがな。

 

そもそも、その『シャカ』シリーズの初代『CRシャカRUSH』は『CRパトラッシュ』のパクリだからね。それによくぞお釈迦さまをモチーフにできたものだね。ギリシャ神話のゼウスとかをモチーフにするのとはわけが違うから。実在した人物で、世界中に信者がいる宗教の開祖だから。大丈夫?……って言ったら、こう返してきそう。

 

「釈迦の教えに『諸法無我』というものがあります。この世に形あるすべてのものは、我のものでもなければ、誰のものでもないのです。釈迦もシャカも誰のものでもないのです。南無」

 

うん。物は言いようだな。

 

妄想すぎる会話のやりとりはこのくらいにして、「もしも『シャカ』シリーズで『バレリーナ』をパクったら?」というのを妄想してみよう。

 

初代『バレリーナ』の役モノは、こんな感じ。

 

 

 

そのバレリーナのところをシャカにすると、こんな感じ。

 

 

 

うーん……今までもパターンだと顔だけシャカにする可能性のほうが高そうかな。

 

 

 

当落ランプはシャカの姓名になったりして。

 

 

 

ちなみに「シッダールタ」とは「目的を達成した人」という意味である。南無。

あ、いや、こちらかもしれない。

 

 

 

ランプが“尊”まで行ったら大当たり!

そうなると、中もこうなるか。

 

 

 

指を指しているところにスタートチャッカーへ通じる穴があるんですね。わかります。

それでランプが回り出すだけ? もうちょっとギミックがありそう。釈迦といえば悟り。悟りを開くまでには悪魔の誘惑があったということで、悪魔のささやきが聞こえたらピンチ。逆に、釈迦が悟る直前に乳がゆを与えて命を救った娘・スジャータの声が聞こえたらチャンスアップとかね。

 

それでなんだかんだ悟りを開いたら大当たり! 右打ちで複数回の権利を消化したら終了……とは、ならないかな。今のトレンドを考えると、多少なりとも連チャンの可能性を設けているかと。悟りの境地であるニルバーナ(涅槃)をもじって「ニルバーナモード突入!」なんてね。連チャン達成したら「彼岸到達!」となるけど、連チャンしなかったら、釈迦よろしく……

 

 

 

 

 

 

で、また左打ちに戻して、悟りの境地を目指すという流れ。

 

正直、こんなマシンがあったら、マジで打ちたい。

つまり、今回、何が言いたかったかというと……

 

マルホンのパクリシリーズが、大好きです♪

 

今後もよろしくお願いします……あ、妄想だけで終わらせるところだった。

 

元のニュースはコチラ。

マルハンの公式特設サイトはコチラ。

 

ていうか……志村までパクってんじゃねーかよ! おい!!

 

10月14日にホール登場予定です♪

 

WRITER ウエノミツアキ

ライター

四半世紀に渡ってあらゆる媒体に寄稿してきた、ジャンル不問のフリーダムなフリーランスライター。ここ数年はパチンコ・パチスロ雑誌がメインで、過去には『パチンコ必勝ガイド』系や『パニック7』系、最近は『パチンコオリジナル実戦術』系や『パチスロ実戦術』系の媒体で主に活動している。『パチンコ☆パチスロTV!』などの専門番組にも出演中。