【ホールスタッフ必見】裏詰まりがすぐに分かる!パチンコメーカー別、目視確認箇所まとめ!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

パチンコ台にはランプや液晶画面など外観の「目視」で裏詰まりかどうかを確認出来る方法があることはご存じの方が多いですよね。

しかしメーカーによって確認する箇所は違います…。本記事ではメーカー別に目視する箇所をまとめてみました。

 

まずはパチンコ台の基本構造からご覧下さい!

 

【すぐメーカー別の確認方法に飛ぶ!】

三洋
Sammy
京楽
SANKYO
藤商事
平和
サンセイ
ニューギン
高尾
メーシー
西陣
Daiichi
豊丸

 

パチンコ台の構造と裏詰まりの基本対応

パチンコ玉の循環は、樋(トイ)→補給シュート→……と言ったように、下記の①~⑥の順番になっています。

裏詰まり時には①~⑥の順番通りに対応することが最も効率が良いです。その名も、「上から順に確認作戦」です。玉の流れ通りに確認する方が確実でお客様への負担が少なくなります。

 

①樋(トイ) 注※店舗によりトヨ・トユと呼ばれることもあります。

台の上にある幕板をめくった部分に板のようなものがあり、シマの中央から端に向かって大量の玉が流れています。

 

この金属の板が「トイ」です。

 

下からでは玉が流れているかわかりづらいので確認の際はハシゴ等に登り上から玉があるか確認する方が良いでしょう。

 

②補給シュート 注※フネと呼ばれる場合もあります。

補給シュートは下からでも玉が流れているか確認出来ます。

 

写真左の玉の流れが2列から1列へと狭まる部分と、写真右の樋(トイ)から補給シュートへ流れる際の小さな段差に玉が引っかかって詰まることが多いです。

 

補給シュートは古くなってくるとプラスチックが固くなり割れやすくなるので、詰まりを解消する際は補給シュートを割らないように優しく扱いましょう。

 

③蛇腹

赤く囲まれた部分が蛇腹です。

 

補給シュートから蛇腹へと流れる部分で詰まったり、台へと流れる際の曲がりくねった部分で詰まることが多いです。

 

軽く揺すって詰まりを解消しましょう。強く揺すると外れてしまうことがあります。

 

④補給機

補給機で詰まることはあまりありませんが、赤い囲みのレバー部分が後で説明する「裏パック」にしっかり当たっていないと

玉が台へと流れて行かず裏詰まりの原因となることがあります。

 

⑤裏パック

パチンコ台に玉を貯めておくタンクの様な場所です。

 

樋(トイ)・補給シュート・蛇腹・補給機を確認したのにもかかわらず裏詰まりが直らない場合は一度裏パックに玉が来ているか確認しましょう。

 

玉が来ていない場合はまだ裏パックより上側でまだ玉が詰まっていますのでもう一度樋(トイ)から確認しましょう。

 

⑥レール

左写真の様に流れが狭まる部分が詰まりやすいです。

 

右写真では白い部品が邪魔で玉が見えにくくなっているのがわかると思います。こういった玉の流れが見にくい箇所では玉詰まりを見落としがちなので忘れないようにしたいですね!

 

①~⑥まで説明しましたが作業にかかる際はお客様に一声かけることも忘れないようにしましょう。

 

待たされる側は打てないイライラと、どの程度の時間で直るのかわからないイライラの両方が募ります。トラブル対処の前にどの程度作業時間がかかるのかをお伝えしましょうね。

 

【メーカー別】目視での裏詰まり確認方法

三洋

液晶を見ても裏詰まりかどうかはわかりませんが台枠上部が赤くなるのでわかりやすいです。

 

お客様の元に駆けつける途中で気づけたらGOODですね!

【メーカー一覧に戻る】

 

Sammy

裏詰まり時

筐体を見てもわからないので液晶画面の下部を確認しましょう。

【メーカー一覧に戻る】

 

京楽

液晶画面と台枠の両方で確認出来るのでわかりやすいですね。

【メーカー一覧に戻る】

 

SANKYO

枠全体ではなく、左右の上部が点滅します。

そこまで点滅が強くないのでうっかり見落とさないようにしたいですね。

【メーカー一覧に戻る】

 

藤商事

裏詰まり時

画面の中央部に「球が不足しています」と出るのでわかりやすいです。

【メーカー一覧に戻る】

 

平和

筐体(きょうたい)の影に隠れるようにランプが付いているので場所を覚えておかないと見る角度によっては裏詰まりと気づけないことがあります。

【メーカー一覧に戻る】

 

サンセイ

サンセイに限らないですが、牙狼の様なV入賞しなかった場合に確変突入しなくなる機械は、特に気をつけましょう。

 

駆けつけている途中で大当り中かどうかをまず確認しましょう。そして上皿に球が無い場合は店舗のルールに従い早急に対応することが必要です。

【メーカー一覧に戻る】

 

ニューギン

左右両方が黄色く光るのでわかりやすいです。

【メーカー一覧に戻る】

 

高尾

平和と同じで筐体(きょうたい)左上にランプがあります。見落としがちなので注意が必要です。

【メーカー一覧に戻る】

 

メーシー

写真では台枠が赤くなっていますが、たまたま赤くなっているだけです。わかりづらくてすみません。<(_ _)>

 

ランプでは確認出来ないので液晶画面をのぞき込んで確認しましょう!

【メーカー一覧に戻る】

 

西陣

メーシーと同じで液晶画面でしか確認出来ません。「補給エラー」と直接的な表現がわかりやすくて良いですね。

【メーカー一覧に戻る】

 

Daiichi

左右で無く、左側だけ黄色く点滅するので注意が必要です。

【メーカー一覧に戻る】

 

豊丸

右の写真ではわかりやすいようにランプを強調して撮影していますが、実際には店内の光が強いので気づきにくいです。見落とさないようにしたいですね!

【メーカー一覧に戻る】

 

最後に

一度に全て覚えようとするとパンクする方もいらっしゃると思います。ムリせず自分のペースで覚えましょう!

 

うっかりランプ位置を忘れてしまった時はもう一度この記事を見直して必要な箇所のみ覚え直して下さいね!

WRITER 赤メガネ

編集部員兼ライター

BELLAGIO Plusの編集部員。ヒラの部員兼ライター兼カメラマン見習い。赤いメガネをしている。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア