スロットにも興味が沸きました?これを読めば迷わない♪「はじめてのスロット」予習編

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

スロットって難しそう。なんか近寄りづらい。

 

こんな風に思ってる人って多いと思います。まぁ確かに通路の端から打ってる人を見ると高速でボーナス図柄を揃えたり慣れた手つきでボタンをペシペシ。

 

初心者の方はみんなプロに見えるもしれませんが、実際はそんなことありません。

 

目押しが出来なくても十分楽しめますよ♪

 

スロット未経験の方でもこの記事を読んでから打ちに行けば何も迷うことは無いでしょう!

 

前回と同じくパチスロガール8192の来栖有紀さんにお越し頂きました!

 

人物紹介:来栖 有紀 Twitter

モデル事務所に所属しながらパチンコ系コンパニオンとしても活動をしている。小柄でパチスロガール8192の中で最も女の子らしい雰囲気がある。

前回記事はこちら:未経験者は必見!これを読めば迷わない♪「はじめてのパチンコ」予習編!

パチスロガール8192ウェブサイト

 

今回は人気機種の「押忍!番長3」で実践しながら説明していきます。

 

まずは貸し出しレートを選ぼう!

お財布と相談して遊ぶレートを決めましょう!

ムリして遊んでも面白いことはないので、余裕のある範囲で遊んでください。

 

・20円スロット

1枚20円で最低貸し出し単価が1,000円。つまり50枚出てきます。法律でどんなに早く遊んでも1ゲーム4.1秒以下になってはいけないと定められています。仮に50枚で30ゲーム遊べたとすると

30G×4.1秒=123秒

これが最速なのでジュースやたばこを吸いながら遊ぶと当たらなくても約3分遊べます

 

・5円スロット

1枚5円で最低貸し出し単価はお店により500円~1,000円。

1,000円だと当たらなくても約12分遊べます。これは20円スロットより4倍多くメダルが出てくるからですね。

 

空き台を探す際の5つの注意点

たまたまお手洗いで席を立っていた、電話で少し席を離れていた等、他人の「キープ台」に間違えて座ってしまうと大変です。

 

特にスロットコーナーはパチンココーナーに比べ照明が落とされている場合が多く、物が置かれていても気づきにくいです。

 

トラブルにならないようにしっかり以下の点を確認しましょう。

 

①下皿にタバコ・ライター・ハンカチなど物がはいっていないか?

飲み差しのジュース、たばこの空箱はキープ台と認められないお店が多いです。しかしトラブルを避けるためにスタッフさんへ空き台かどうか確認しましょう。

 

②台の横にも同じように物が置いていないか?

 

③台の上部、箱が置いてある場所にも物が置いていないか?

④リールが回っていないか?

リールを回しっぱなしにして離席するお客様もいらっしゃいます。しかし中にはそのまま帰ってこないお客様もおられるので長時間回しっぱなしになっていれば店員さんに座りたい旨を伝えましょう。

 

空き台の確認をしてくれます。

 

また、リールを回しっぱなしにすることは機械の故障の原因にもなりますので、なるべく避けたいところです。

 

⑤クレジットにメダルが入っていないか?

1ゲーム回すための3枚とクレジットの50枚で最大53枚機械に入ります。メダルを貯めておく機能を「クレジット機能」と言います。写真のように小さく表示されることが多いので初心者の方は見落としがちです。

 

 

「右側」の機械(サンド)からメダルを借りよう!

「サンド」と呼ばれる自動メダル貸し機があるのですが、右側のサンドからメダルを借りて下さい

 

パチンコでは左側についているので、ついうっかり左に入れてしまう方も見かけます。

 

もちろん全金種対応です。硬貨は入りません。

 

お金を入れる前に注意点があります。メダルが出てくるノズルを下皿に向けておいて下さい。大抵の店舗ではお金を入れると何も操作しなくても自動でメダルが貸し出されます。

ノズルが下皿に向いていないと……大変!床にメダルをぶちまけてしまい、白い目で見られることに!

 

自動で払い出されるのは初回のみなので2回目からは貸し出しボタンを押してメダルを借りましょう

 

打ち方は3ステップ

①メダルを投入口に入れる。

慣れるとダダダダダッと入れることが出来ますが、最初の内は1枚ずつでもOKです。焦って入れてこぼしてしまうと元も子もありませんからね。

 

②レバーを叩く。

スロットの表現上よく「叩く」と言われますが、押し下げると言った方が正しいかもしれません。

レバーへの力加減で当たり外れが決まるわけではないので、そこまで力を込めなくても大丈夫です。

 

③ボタンを3つ押してリールを止める。

左のボタンから止めるのが基本です。中・右ボタンから止めてしまうとペナルティ(後述)が発生する場合があるからです。

 

後は①~③の繰り返しです。

 

目押しが出来ないとダメなのか?

チェリーやスイカなどの狙わないと揃いにくい小役を取りこぼしてしまうことがあり、少しだけ損をしてしまいます。

 

しかし、機械にもよりますが1日中スロットを打っても100枚~200枚程度の損で収まるでしょう

 

色んなサイトにココを狙え(左黒バー等)と書いてあるけど狙えないと大当りが来ないの?

狙えないからと言って大当りが消えてしまうようなことはありません

 

その打ち方が一番効率良く楽に押せるよ。と言った意味や、上級者にはこの打ち方が楽しめるよ。と言った意味合いで各紙面やサイトが記載しているのです。

 

ボーナス図柄が狙えないんだけど店員さんが目押ししてくれるのかな?

大当りおめでとうございます!しかしスタッフさんは法律で押せないことになっているんです……

 

こればっかりは友達に頼るか、近くにいる目押しの上手いお客様へ、さりげに困ってるアピールをするしかありません。

 

優しいお客様ならあなたの困ったビームに反応して目押しをしてくれるでしょう。

 

もし目押ししていただいたらジュースをごちそうして感謝を伝えるのが暗黙のルールです。

 

当たりのタイプは大きく分けて2つ。ボーナスで瞬間的に増やすタイプと小役の連打で徐々に増やすタイプ

参照:北電子様公式ウェブサイト マイジャグラーⅣ特設サイトより

マイジャグラーⅣを例に説明します。

 

スロットはタテ・ヨコ・ナナメにぶどう・チェリー・ベルといった特定の図柄が揃うと払い出しを受けることが出来ます。このあらかじめ決められている図柄を「役」と言います。

 

図に「BIGCHANCE」「BONUSGAME」と書かれているのが俗に言う「大当り」15枚以下の少ない払い出しがある役を「小役」といいます。

 

大当り中以外の小役はただ遊ぶ時間を延命しているに過ぎません。大当りを狙っていくのが基本的なゲーム性になります。

 

大当りの形は違えど、今説明した内容は以下のノーマル機・AT機共通の事項です。

 

・Aタイプ(ノーマル機)

ボーナスのみで出玉を増やすタイプ

 

7が3つ並んだり特定のボーナス図柄を揃えるとボーナススタート!20ゲーム程で一気にメダルが増えます。増える量は機種にもよりますが300枚程度が主流です。

 

初心者にわかりやすい設計になっていて、大当りが来ると台が光ったり、音で教えてくれる「告知機能」を搭載している機種が多いです。

 

一部のノーマル機ではメダルを減らさず大当りを狙える「RT(リプレイタイム)」を搭載している台もあります。

 

ボーナス後一定の確率でRTに突入する初心者向けの台もあれば、上級者向けの台として特定の図柄を目押ししてRTを延命させることができる、「リプパン外し」を搭載している機種も。

 

こちらは目押し力の高さが問われます。

 

・AT、ART機

先ほど説明したボーナス以外にも、台から指定された押し順通りに押すことで連続して小役を獲得出来る「AT(アシストタイム)」「ART(アシストリプレイタイム)」を搭載している機種のこと。もしくはボーナスを搭載しておらずアシスト機能のみ搭載している機種のことを言います。

 

今回実践の「押忍!番長3」はARTタイプです。

 

ARTは「リプレイ」が多めの為、ATよりも少しメダルが増えるスピードが遅いと覚えておくと良いでしょう。

 

このAT・ARTに入れるためにはチャンスゾーンやボーナスを経由するのですが、初心者にはわかりづらい演出になっており、この有利な状態を捨てて帰ってしまう可能性があります。

「これってヤメても大丈夫かな…?」と思ったら店員さんに聞くか、「オッケーGoogle♪」で先生に聞きましょう。

 

・ペナルティ

AT・ART機にのみ存在するペナルティですが、(打ち方は3ステップの③)で書いたように中・右ボタンから押してしまうと警告音が鳴り、数ゲーム間ボーナスが抽選されなくなったりします。

 

また、台から指示された押し順を間違えてしまうと一時的にボーナスが終了してしまうこともあるんですよ。気をつけて打ちましょうね。

画面に押し順が出ている様子

 

これらのことを踏まえると全く知識の無い初心者の方であればAタイプ(ノーマル機)から遊んでいただくことをおすすめします

 

これ、当たりそうなのかな?ヤメても大丈夫かな?と不安を抱きながら打っていても面白くはありませんからね。

 

メダルがいっぱいになってきたら上の箱を使おう!

おめでとうございます!

 

メダルがじゃんじゃん出てきて下皿がいっぱいになってきたら真上にある箱にメダルを移し替えてください。

 

移す目安は下皿が8分目ぐらいの時です。それ以上に下皿にコインを入れると床にこぼれたり、メダル払い出し口が詰まったりしてエラーになり、スタッフさんに解除してもらうまで時間がかかったりします。

箱もいっぱいになったらって?スロッターとして歓喜の状態ですね!呼び出しボタンを押してスタッフさんに追加で箱を持ってきてもらいましょう!

 

もしくはこういった通路の端に箱が並んでいる場合があるので自分で取ってきても構いません。

 

ヤメ時のポイントはノーマル機とAT・ART機で違う

もうそろそろ時間だし、ヤメようかなって……ちょっとまって!

 

有利な状態のまま帰ってしまうことが無いように以下の点を確認して下さい。

Aタイプ(ノーマル機)はボーナス中でなければヤメてもOK

ジャグラー等のAタイプはいつヤメても問題ありません。しかし、ボーナス後100G以内は当たりやすい!など独自の理論で遊技する方もいらっしゃいます。

 

RT付ノーマル機の場合はRTを忘れずに消化してからヤメるようにしましょう!

 

AT・ART機は復活演出が無いかを確認しよう

ボーナスやAT・ARTが終わる際は終了画面を経由するのが基本です。何枚獲得したのかわかりやすいように台が教えてくれるのです。

 

次のゲームで復活がなければ終わりです。

 

当たり終わってから30G程度回しても良い。

機種によって大当り後は連チャンゾーンであったり、連チャンが狙える高確率ゾーンだったりします。

 

この有利なゾーンは機種によってぜんぜん違います。

 

全ての機種特徴を書いてしまうと赤メガネの腕が疲労骨折してしまうので書くことは出来ません。ポキー

 

ネットで「機種名 ヤメ時」で検索すると詳しい情報は出てくるのですが、初心者の方は専門用語がわからず、100%理解出来ないと思います。

 

そこで、オススメするのが「AT・ARTが終わってから30G程度回す」という方法です。

 

全ての機種に当てはまる訳ではないですが、大抵は30G程度回して液晶画面がざわざわしていなかったら有利なゾーンは終わっています。

 

お帰りの際はICカード、貴重品を忘れずに!

メダルを借りるときに高額紙幣を入れたなら、使わなかったお金が残っているのでは?

 

上記画像の様に返却ボタンを押せばICカードに残高が記録されて出てきます。

カウンター付近や見通しの良い通路に置いてある「精算機」にICカードを入れてお金を受け取ってください。

 

この精算は当日限りの場合がほとんどです。忘れないようにしましょう。

 

万が一精算を忘れてしまっても翌日以降に残った残高をお店で使用する分には問題ありません

 

また、初心者の方は貴重品を台の上や横に忘れがちなので気をつけてくださいね。

 

またスロット台の中にメダルをうっかり残してしまうこともあるので、クレジットの表示が0枚になっていることを確認しましょう。

 

スタッフさんを呼んでメダルを交換しよう

おめでとうございます!メダルを全て箱にまとめたらデータランプに付いている呼び出しボタンを押してスタッフさんに「交換をお願いします」と伝えましょう。

 

もしくは手で「×」を作って伝えても理解してくれます。専用の機械でメダルを数えてもらいましょう。

 

レシートをもらったらカウンターへGO!

カウンターへ行って賞品に交換しましょう。スタッフさんが交換できる賞品を教えてくれるのでその範囲で選んでください。

 

遊んでいる時より「どれにしようかなぁ」って選ぶ時間の方が夢中になっていたりします(笑)

各台計数の場合

台に備え付けられたメダル投入口にメダルを流していく「各台計数」を導入している店舗があります。その場合サンドの「返却」ボタンを押すとカードに出メダルが記録されて出てきます。

 

スタッフさんを呼ぶ必要は無く、そのままカウンターへカードを持って交換に行きましょう。

 

使わなかったお金も同じカードに記録されていることがほとんどなので精算機で精算することを忘れないようにしましょう。

 

こんな時は呼び出しボタンを押してスタッフさんを呼ぼう

遊技台のトラブル

・貸出ボタンを押したのにメダルが出てこない。

・大当り中にメダルが出てこなくなった。

・台から大きな音が鳴り、エラーと表示された。

エラーと書かれたら何か悪いことをしたのかな?とビクビクしてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、そうではありません。

 

台の中に入っていたメダルが無くなったり、詰まったりしたことを知らせる為のエラーがほとんどなのですぐにスタッフさんが直してくれます。

 

食事休憩を取りたい時

ご飯を食べに行くために離席するときはスタッフさんに一声かけましょう。何も言わずに出て行くと空き台と見なされてしまうことがあります。

 

休憩時間は40分~60分で決められている店舗が多いです。

 

おつかいサービスを頼む時

おつかいサービスを導入しているパチンコ店では、ジュースが飲みたくなったりたばこが吸いたくなった時はスタッフさんにおつかいを頼むことが出来ます。

 

現金で買うことは出来ず、メダルでの交換のみです。

 

10分以上離席する時

折り返しで仕事の電話をかける時、コンビニに行きたい時などはスタッフさんに一声かけましょう。

 

大抵のお店では10分以上の離席は空き台と見なされてしまいます

 

遊技マナー

自分一人だけで遊んでいるわけではありません。他人の迷惑となる以下の行為はやめましょう。

 

思わぬトラブルに発展する場合もあります。

落ちたメダルを拾うときは一声かけて

初心者の方はメダルを床に落としがちです。狭い空間でメダルを拾うときに頭が隣の人に当たってしまったりするかもしれません。

 

掛け持ち遊技

いろんな台が気になりますが、遊技台は一人一台です。

 

たばこやジュースなどで複数台をキープすることはやめましょう。

 

他人を威嚇するような行為

・大きく足を広げる

・液晶画面やレバーを強打

・大声を出す

これらの様な他人が恐怖を感じる行為は禁止です。

 

スロット台を壊してしまう原因にもなります。イライラしても振る舞いは紳士でお願いします。

 

空気を読まない行為

・オーバーアクション

・他人の台をのぞき見

・大声で喜ぶ

中には当たらずイライラされている方もいらっしゃるかも知れません。

喜びを隠せなかったり、友達に知らせたいのはわかりますが、控えめにお願いしますね!

 

まとめ

ここまで読んで頂いたのなら一人でお店に行っても大丈夫。

 

パチンコだけでなくスロットも遊べるようになって遊技の幅が広がり、楽しいパチ&スロライフを送れるようになれば良いですね!

 

 

 

WRITER 赤メガネ

編集部員兼ライター

BELLAGIO Plusの編集部員。ヒラの部員兼ライター兼カメラマン見習い。赤いメガネをしている。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア